クリーム

ブートブラックのクリームパッケージ超似ているけど使い方全然違う問題!使い方解説!

ブートブラック クリーム アイキャッチ

どうも、shiny(シニー)です。

私が初めて買った靴用クリーム…ブートブラック!

なんだかんだ思い入れのブランドですが、15年以上経った今でも、使い勝手も価格もいい感じと思えるかなりバランスの取れたシューケアクリームです。

色々発売される度に、なんだかんだで集めてしまっているのですが、最近あることに気が付いてしまいました…。

それは…パッケージ似すぎ問題!!

まぁよく見れば良いだけの話ですが、初めてブートブラックを使う方、これから靴磨きを始めようという方にちょっと優しくないな〜と思いまして…。

今回はブートブラックのパッケージが似ているクリームを集めて使い方と違いについて書いていこうと思います!

■こんな方に読んでほしい!
  • ブートブラックのクリームの使い分けが分からない!
  • 初めての靴磨きで何が必要か分からない!
  • ブートブラックのクリームパッケージ似すぎ!同感の方!

そもそもブートブラックとは??

日本の靴用クリームメーカーである株式会社コロンブスから発売されている上級ラインが「BootBlack(ブートブラック)」です。

ブートブラックはコロンブスの松戸FACTORYで生産されており、全てメイドインジャパン!

最近ではあの「エドワード・グリーン」にもクリームがOEM採用されるなどますます世界で評価されているクリームになります。

日本のシューケアブランドが世界で評価されるなんて誇らしいですね!

手持ちのブートブラックの見た目が同じすぎる…

ここからが本題!

クリームの価格、クオリティはバッチリなんですが…パッケージが似てる!!

*もしかして気になっているのは私だけでしょうか・・・?

手持ちのブートブラックのクリームはこんな感じです。

この中に…3種類のクリームが隠れています。

ブートブラック クリーム

似てませんか??クリームを探す時にちょっと迷うくらいですが…どうでしょう?

分類するとこんな感じです。

ブートブラック クリーム 分類

デリケートクリーム、シュークリーム(乳化性クリーム)、ハイシャインクリーナー。

特にハイシャインクリーナーは用途が全く異なるので注意が必要です。

それぞれ用途を説明していきます。

シュークリーム(乳化性クリーム)

革を保湿し潤いを与えるクリームです。

いわゆる革靴用のクリームです。

靴磨き必須アイテムです!

ブートブラック クリーム シュークリーム

デリケートクリーム

こちらも革の保革を目的としたクリームですが、乳化性クリームと違い、水分が多めになるので薄い革の保革がメインです。

財布、手帳、ベルトなどに最適です!

靴磨きに使う時は、油性クリームを使う前段階で使用します。

ブートブラック デリケートクリーム

ハイシャインクリーナー

革靴のワックス部分(ハイシャイン)の部分を落として古いワックス面を綺麗にするクリーナーです。

他の2点とは全く性質がことなります。

ブートブラック ハイシャインクリーナー

【簡単に使い方紹介】シュークリーム

リムーバーで古いクリームを落としたあと、革靴に塗っていきます。

靴の革に水分と油分を補充し、革に潤いを与えます。

蝋も入っているのでツヤも出ます。

使い方としては、リムーバーで古いクリームと落としたあとに全体に塗布していきます。

茶色クリーム ブートブラック

シュークリームを塗布したあとは…豚毛ブラシでブラッシングを忘れずに!

*詳しい使い方は下記の記事またはこの記事の靴磨きセット紹介の箇所を読んでみてください。

オススメ!
10年履ける革靴の選び方磨き方 アイキャッチ
10年使うための靴磨き【基本】

どうもshinyです。 1足の革靴を手入れをしながら長く履く…憧れますよね! 今回は実際に10年履いた靴を紹介しつつその「選び方」と「磨き方」を書かせていただきます。 この内容で靴を選んで磨いていただ ...

続きを見る

【簡単に使い方紹介】デリケートクリーム

財布、ベルト、手帳などに直接塗るだけ!

薄く塗布するのがポイントです。

ブートブラック デリケートクリーム 財布

使い方の詳細は下記の記事を参照してみてください。

革靴に塗布する時のポイントも記載しています。

オススメ!
ブートブラック デリケートクリーム アイキャッチ画像
ブートブラックのデリケートクリームを購入したのでレビュー!オールマイティにケアするならコレ!

どうも、shiny(シニー)です。 色々使えて万能な「デリケートクリーム」 一つあると本当に便利です!(前々から一回一デリケートクリームを推奨しています!) 私はずっとモウブレイのデリケートクリームを ...

続きを見る

【簡単に使い方紹介】ハイシャインクリーナー

少量布に取り、靴のつま先部分や、カカト部分に乗っている古いワックスを落とします。

油性のクリーナーになるのでワックス(油性)と相性バッチリ!

靴磨きの中でも上級レベルのクリーナーです。

使い方としては、ハイシャインクリーナーを少量布にとってワックス面を優しく撫でていきます。

ハイシャインクリーナー 塗り方
ハイシャインクリーナー 塗り方2

あら不思議!水性のリムーバーよりもかなり素早く古いワックスが落ちます。(左:使用前 右:使用後)

ハイシャインクリーナー

靴磨きをスピーディにするには欠かせないアイテムです!

オススメ!
ハイシャインクリーナー 使い方
ブートブラックのハイシャインクリーナーを購入したのでレビューしてみる!

どうも、shinyです。 今回は、題名の通り初めてハイシャインクリーナーたるものを購入してみたので使用感をレビューしていきたいと思います。 今までハイシャイン(鏡面磨き)したつま先もモウブレイのステイ ...

続きを見る

ちょっと気になる…シルバーラインとは??

上記で紹介したシュークリーム(乳化性クリーム)の入門バージョンとして設定されたのがシルバーラインです。

ツヤが出やすのが特徴なのでこれから靴磨きを始めたい方で始めて購入するクリームとして最適です。

黒い蓋のタイプよりも価格も安いです。

ブートブラックをオススメしたいのはこんな方!

ブートブラックの購入をおすすめしたい方は…こんな方です。

  1. これから靴磨きを始めたい方→シュークリームがおすすめ
  2. 色々な色のクリームで手入れをしたい方→シュークリームがおすすめ
  3. 何でも手入れができる万能クリームが欲しい方→デリケートクリームがおすすめ
  4. ワックス面を素早く落としたい方→ハイシャインクリーナーがおすすめ(超便利です!)

ブートブラックのクリームてんこ盛りおすすめセット!

価格とクオリティのバランスが取れたブートブラック。種類を間違う事なく使うには靴磨きセットがおすすめです。

なかなか見分けが付かない方向け、オススメのセットを見つけたので紹介させて頂きます。

セット内容は以下通り!

  • ブートブラック シュークリーム(黒orニュートラル)
  • 汚れ落としローション(リムーバー)
  • ペネトレイトブラシ(クリームを塗るブラシ)
  • 豚毛ブラシ(小さめ、固い)
  • 馬毛ブラシ(小さめ、柔らかい)
  • グローブクロス

全く同じセットは持っていませんが…使い方を解説!

【使い方①】シューキーパーを入れて馬毛ブラシで全体をブラッシング

シューキーパーで形を整えたら全体のゴミやホコリを落とすため馬毛ブラシでブラッシングします。

靴磨き やり方 馬毛ブラシ

【使い方②】汚れ落としローションを布に取り、全体を拭いていく

この工程で古いクリームを落とします。

靴磨き やり方 ステインリムーバー

【使い方③】シュークリームを全体に塗っていく

薄く全体に塗っていきます。

靴磨き やり方 乳化性クリーム

おおまかに全体に塗布出来たら、指の届かないコバの部分、縫い目の部分はペネトレイトブラシを使ってクリームを塗っていきましょう。

靴磨き やり方 ペネトレイトブラシ

【使い方④】全体を豚毛ブラシでブラッシング

シュークリームを均し、余分なクリームと取り除くため、豚毛ブラシで全体をブラッシングしていきます。

靴磨き やり方 豚毛ブラシ

【使い方⑤】グローブクロスで全体を拭き上げて完成!

個人的には普段グローブクロスを使わずにネル生地で仕上げていますが…このセットの場合、最後の拭き上げに使うとキレイに仕上がります。

靴磨き やり方 豚毛ブラシ 仕上がり

買い足すなら…

まずはシューキーパーは必須です!

靴磨きの時だけではなく、履いたあとに必ず使うものなので、持っていないならまず最初に購入しましょう!

余裕があれば馬毛ブラシ、豚毛ブラシも大きめのものがおすすめです。

おすすめ馬毛ブラシ↓

おすすめ豚毛ブラシ↓

まとめ

今回は、ブートブラックのクリームが似ている!という所から、使い方、おすすめの靴磨きセットまでを解説させて頂きました。

改めて自分の持っている靴磨きセットを見ると…ブートブラックがかなり多いですね。

15年以上靴磨きをして色々なクリームやリムーバー、ワックスを使って来ましたが、やっぱりおすすめできる一品です!

パッケージは似てますけど…。

最後まで読んでくださいまして誠にありがとうございました。

■合わせて読んでほしい!

-クリーム,
-, ,

© 2021 shinyblog