ブラシ

靴磨き用ブラシの種類と使い分け方。おすすめブラシも紹介!

どうも、shinyです。

靴磨き用のブラシ、使い分けしていますか?種類の多さも去ることながら色分け、必要本数などなど…結構難しいですよね。

今回は靴磨きのブラシで悩める方に向けて、ブラシ種類、使い分け、必要度などを紹介していきたいと思います。

この記事を読んで頂ければ靴磨きのブラシの全体像を大体把握して頂けると思います。

新しくブラシを購入検討している方やどれを買ったいいのか悩んでいる方必見です!

■こんな方に読んでほしい!
  • これから靴磨きを始めたいけど、ブラシ購入に迷い中!
  • そもそも使い分ける理由を知りたい!
  • おすすめのブラシを教えて!

よく使うブラシの種類と使い方

靴磨きブラシ 全種類

まずは靴磨き全体の工程でどこでブラシを使うのか??簡単におさらいしてみます。

  1. 馬毛ブラシで靴全体のホコリを落とす。
  2. リムーバーで古いクリームを落とす。
  3. 新しいクリームを塗る。細かい所はペネトレイトブラシを使う。
  4. 豚毛ブラシで全体をブラッシング。
  5. ワックスを掛ける。仕上げは山羊毛ブラシを使う。

大雑把ですが、1〜5の工程で4つのブラシが出てきました。

  • 馬毛ブラシ
  • ペネトレイトブラシ
  • 豚毛ブラシ
  • 山羊毛ブラシ

それぞれ用途と使い方&必要度を解説します。

必要度は☆が多ければ多いほど必須ブラシです。☆4つ以上は最初から購入しておくことをおすすめします。

馬毛ブラシ(必要度:☆☆☆☆★)

靴磨きブラシ 馬毛ブラシ2

比較的柔らかく全体のホコリを落とすために使います。靴磨きの最初の工程でのホコリ落としや、一日履いた靴のホコリ落としなど、靴を大切に扱うためには必要なブラシです。

必要度は☆4つ。靴磨きはホコリ落としをしないと始める事が出来ないので必須のブラシです。

ちなみに、ホコリを落とす役割なので色別に数本持ったりする必要はありません。

使い方としては、靴全体を軽くブラッシングする程度でOKです。全体を2〜3回ブラッシングするればホコリを落とす事が出来ます。

靴磨き 頻度 馬毛ブラシ

おすすめ馬毛ブラシ

実は数本持つ必要が無いと言いつつ、馬毛ブラシを4本所有しています。レッドウィング純正、コロニル×2本、コロンブス東急ハンズ限定品。

一番使いやすいのは毛足が長い東急ハンズのものですが、使いやすいとは言え、靴磨きの質が向上したり、仕上げが早くなったりはしません。

価格を考慮すると…一番のおすすめはコロニルのこのブラシです↓

理由は簡単。そこそこ使いやすくて価格が安い!これで物足りなさを感じたときには東急ハンズのモデルももちろん超おすすめです。毛がファッサファサです!

ペネトレイトブラシ(必要度:☆☆☆★★)

ペネトレイトブラシとはこのような少し小ぶりのブラシの事です↓

靴磨きブラシ ペネトレイトブラシ3

用途としては、乳化性クリームを靴に塗布するときに使いますが、私自身、クリームは直接素手で塗る派なので指が入らない細かい箇所にクリームを塗布するときに使います。

こんな感じでコバの細かい箇所を塗るのに使います↓

靴磨き 頻度 ペネトレイトブラシ

おすすめペネトレイトブラシ

モウブレイのペネトレイトブラシがおすすめです。最近は100円均一でもペネトレイトブラシが販売されていますが、柔らかすぎてとても使いづらいです…。

そもそもそんなに高くはないのでしっかりとしたブランドのペネトレイトブラシがおすすめです。

豚毛ブラシ(必要度:☆☆☆☆☆)

靴磨きブラシ 豚毛ブラシ

クリームを全体に塗った後に馴染ませる役割のブラシ。これは必須品です。私の手持ちのブラシは2本。黒い靴用と明るめの色用で色分けをしています。

必要度を☆5つにしていますが、実は靴磨きを初めて数年は豚毛ブラシを持っていませんでした。馬毛ブラシでクリームを馴染ませていましたが…圧倒的に豚毛ブラシの方が早くクリームを馴染ませることが出来ます!即2本目を購入しました。

今ブラシを持っていないのであれば即購入することをおすすめします。時短効果が凄いです。

使い方は、クリームを塗った後全体をブラッシングするだけですが、馬毛ブラシと違ってけっこうガシガシこすってもOKです。このブラシ余分なクリームをかきだすようなイメージです。

靴磨き 頻度 豚毛ブラシ

おすすめ豚毛ブラシ

おすすめの豚毛ブラシは「荒川産業のドイツブラシ」です。とにかく安くて普通に使えます。

毛足がかなり短いのでブラッシングの時に取手を靴に当てないように注意は必要ですが、圧倒的なコスパなので色分けが必要な豚毛ブラシでは最強の存在だと思います。

ちなみにもう7〜8年使っていますが、普通に使えています。

山羊毛ブラシ(必要度:☆★★★★)が、しかし…

山羊毛ブラシ 全体

山羊毛ブラシは最後の鏡面仕上げで使うブラシになります。ブラシの中でも「育てる」という感覚が強く、最初はどんな山羊毛ブラシもあまり効果を感じる事が出来ませんが、使っていくうちに手放せない相棒となります。

必要度☆1つとしたのは、ネル生地があれば山羊毛ブラシを使わなくても仕上げることが出来るためです。しかし、山羊毛ブラシの良さは必要とか必要無いとかではなく、「カッコよさ」にあります!

必須ではないし、絶対必要なものでも無いけど…更に靴磨きのレベルをもう一段上げるために、ブラシを育てていく…そんなマニアックな方のためのブラシです。

使い方は、ある程度ワックスを掛け終わったつま先に少し水を垂らしてから優しくブラッシングしていきます。ブラッシングの時点である程度は完成している状態ですが、山羊毛ブラシでブラッシングすることにより更に輝きます。

山羊毛ブラシ 全体写真

おすすめ山羊毛ブラシ

おすすめは今使っているのは「寺沢ブラシ」さんの山羊毛ブラシです。

山羊毛ブラシの有名どころだと「コロニルのファインポリッシュブラシ」と「ブートブラックのフィニッシングブラシ」ですが、コロニルは毛が抜ける…ブートブラックは高すぎる…ということで色々探して居た所、Instagramで「いいね」を頂いた寺沢ブラシ製作所さんと出会い、購入を決めました。

価格、品質共に最高レベルですよ。

同じような方向性の本格手植えブラシであればカナヤ刷子の山羊毛ブラシもおすすめです。

寺沢ブラシ製作所さんの山羊毛ブラシ記事はこちらから↓

オススメ!
山羊毛ブラシ アイキャッチ画像
ついに購入!手植えの山羊毛ブラシ!!

どうも、shinyです。 ついに山羊毛ブラシを買ってしまいました!! ずーーっと欲しかったのですが、どうもしっくりくるものが無くて…。 そもそも靴磨き自体に必須のものでは無いかな〜と思いつつ先延ばしに ...

続きを見る

ブラシの手入れは必要??

ブラシ洗う 合わせ洗い

手入れ基本的には必要ありませんが、結構クリームが残るのがペネトレイトブラシです。かなりクリームが固まってきたら一度洗ってみるのもいいと思います。

ペネトレイトブラシの洗い方についてはこちらの記事から↓

ブラシ洗う アイキャッチ
靴磨き用ブラシ洗う?洗わない?手入れの方法!

どうも、shinyです。 靴磨き用のブラシには色々な種類がありますが、使っていくうちにクリームの色が付いたり、ホコリが付いたり…靴への影響が気になりますよね? 今回はそんの疑問にお応えするため、今回は ...

高級ブラシはココが違う!

山羊毛ブラシ 取手側

馬毛、豚毛、山羊毛、どのブラシにも高いもの、安いものにかなりの価格差があります。

もちろんその価格差には理由があります。

実際に現物を手に取ってみると分かるのですが、まず高いブラシは毛足が長い!毛が長いとブラシにコシが出るためとてもブラッシングが心地良いものになります。

そしてもう一つ。高級ブラシは製造方式が「手植え」です。

手植えは引き線と呼ばれるステンレス線により連続して植毛されているため、一穴ごとに植毛されている「機械植え方式(打ち込み方式)」に比べとても丈夫にできています。抜け毛も大幅に少なくなるため、特に山羊毛ブラシは最初から手植え方式の少し高価なブラシを選んだ方が無難です。

靴磨きブラシの収納

ブラシの収納もクリームの収納も無印のボックスを使用しています。

こんな感じ↓

靴磨きブラシ 収納箱

安くてどんどん重ねる事が出来るのでおすすめですよ。ちなみに蓋も無印で購入することが出来ます。

収納に関してはこちらの記事で詳しく解説しています!↓

オススメ!
シューケアボックス 無印 アイキャッチ画像
超おすすめ!無印シューケアボックスの紹介

どうもshinyです。 色々道具が集まってくると欲しくなるのがシューケアボックスですよね。皆さんはどんなシューケアボックスを使っていますか?私はレッドウイングの空箱に詰め込んでいたのですが、使っていく ...

続きを見る

靴磨きブラシセット調査!

プレゼントにも最適なちょっと良い靴磨きブラシセットを見つけたので紹介させていただきます。馬毛ブラシ、豚毛ブラシはそこまで高額である必要は無いと思ってはいますが、やっぱり手植えのブラシは憧れ。

紹介させていただくのは江戸屋ブラシとブートブラックのコラボブラシです。

江戸屋ブラシは靴好きがいつか手に入れてみたいブラシの一つです。お得にセットでGETしておくのもいいですね!

まとめ

 今回は靴磨き用のブラシについて使い方、おすすめ品を中心に紹介させて頂きました。最初は馬毛ブラシ+豚毛ブラシを購入して靴磨きを始めてみるのがおすすめです。慣れてきて余裕が出てきたら山羊毛ブラシも是非検討してみてください。

最後まで読んでくださいましてありがとうございました。

■合わせて読んでほしい!

-ブラシ,
-,

© 2020 shinyblog