シューキーパー

純正超え確定!スコッチグレインに超絶フィットするシューキーパーコレです!

スコッチグレイン シューキーパー アイッキャッチ

どうもshiny(シニー)です。

スコッチグレインって革質も良くて磨き甲斐もあって最高ですよね!

ただし…純正のプラスチックのシューキーパーは5年位使うとかなりヘタってくるんですよね…。

*付属してくれているだけでありがたい!とは思ってますよ。

そこで今回はヘタってしまったスコッチグレインに合うシューキーパーを見つけるべく、前々から気になっていた「スレイプニル」のシューキーパーを購入してみました。

結論としては、超絶ピッタリ!!

今回はバッチリフィットのシューキーパーの詳細をしっかりお伝えしたいと思います。

一通り読んでいただければ、スコッチグレインのシューキーパーはコレで決まり!!と思って頂けると思います。

■こんな方に読んでほしい!
  • スコッチグレインのプラスチックのシューキーパーが壊れた!
  • 木製シューキーパーが気になる!
  • お気に入りの靴にピッタリのシューキーパーが欲しい!

スコッチグレイン純正のプラスチック製シューキーパーは壊れやすい?

スコッチグレインの純正シューキーパーがこちら!

スコッチグレイン シューキーパー 純正

すでに2〜3セット壊れてしまっておりますが…5〜6年は持ちます。またこの価格でシューパーまで付けてくれるメーカーもなかなか無いのでありがたく使いましょう!

ちなみに純正シューキーパーで一番壊れやすいのがココ↓

スコッチグレイン シューキーパー 

めちゃくちゃ抜けやすくなります。

余談ですが…抜けやすくなってもしばらく使うコツ…あります!

やり方は簡単!

まずはシューキーパーを伸ばしておいて、そのまま靴に入れるだけ。先にシューキーパーを伸ばしおくのがコツです。

先にシューキーパーを伸ばす↓

スコッチグレイン シューキーパー 純正

「そのまま」つま先にシューキーパーを入れる↓

スコッチグレイン シューキーパー純正 入れ方

シューキーパーを押したまま押し込む↓これで先端部分が外れる事なく使う事が出来ます。

スコッチグレイン シューキーパー 純正

超スコッチグレインにフィットするシューキーパー「スレイプニル トラディショナルモデル」の紹介!

今回購入したのが「スレイプニル トラディショナルモデル」です。

Amazonや楽天などの評価もかなり高く、気になってはいたものの安めのシューキーパーである程度満足していたので購入を見送っていましたが…スコッチグレイン純正シューキーパーに限界を感じて購入に至りました。

外箱はこんな感じです。

スコッチグレイン シューキーパー スレイプニル

「スレイプニル」のプレートがカッコいいです!

スコッチグレイン シューキーパー スレイプニル

早速スコッチグレインに装着していきます!

それでは実際に装着していきます。

ちなみにスコッチグレインのサイズが25.0cm、シューキーパーのサイズは40(25.0cm)です。

つま先から押し込んで…次にカカト部分でテンションを掛けます。

つま先に入れて…

スコッチグレイン シューキーパー スレイプニル 入れ方

カカトの部分を押し込んでいきます。

スコッチグレイン シューキーパー スレイプニル

フィット感

本当に超フィットです。

スコッチグレイン シューキーパー スレイプニル

ギリギリのように見えますが…39(24.5cm)を試した所、少し張りが少ないように感じたので40(25.0cm)でジャストフィットです。

しっかりと張っているのに張りすぎている感がない。

スコッチグレイン シューキーパー スレイプニル

特にサイドの部分は今までのシューキーパーでは感じた事がないくらいしっかり張ってますね。

サイドの部分までしっかりシューキーパーが当たっているので、しっかり全体でテンションを掛ける事が出来ています。

スコッチグレイン シューキーパー スレイプニル

さらに注目すべき点はカカトの形!

カカト部分の丸みがなく、無理にテンションを掛けてしまうシューキーパーが多い中、スレイプニルはスコッチグレインのカカトの形にジャストフィットです。

スコッチグレイン シューキーパー スレイプニル

このフィット感を生み出すのは…2つモデルと細かいサイズ指定!

スレイプニルは靴の形状に合わせて「トラディショナルモデル」と「ヨーロピアンモデル」の2種類を設けています。

それぞれ、トラディショナルモデルは、ジョンロブ、エドワード・グリーン、クロケット&ジョーンズ、リーガル、スコッチグレインなどの英国式形状の靴に、ヨーロピアンモデルは、ベルルッティ、サントーニ、などつま先がほっそりしたロングノーズの靴にピッタリです。

「トラディショナル」と「ヨーロピアン」を分けることによってより靴の系統にに関わらずフィット感を出すことが出来ます。

またサイズに関しても、S、M、Lなど結構ラフなサイズわけではなく、スレイプニルのサイズ展開は、38(24.5cm)〜44(27.5-28.0cm)の7種類とかなり細かく分類されています。

詳細サイズは下記の通り↓上段がスレイプニルのシューキーパーのサイズ、下段がスコッチグレインのサイズです。

38394041424344
24.0cm24.5cm25.0cm25.5cm26.0〜26.5cm27.0cm27.5〜28.0cm

スコッチグレインはよっぽど特殊な木型を使っていない限り、「トラディショナルモデル」で上記サイズを素直にチョイスしたらOKです。

まとめ

今回はスコッチグレイン用スレイプニルのシューキーパーをレビューさせていただきました。

すでに色々書かせて頂いた通り、フィット感は抜群!スコッチグレインを履いている方全員におすすめしたい一品です!

今は安いモノが溢れていいますが、シューキーパーは長く使えるモノですし、数年で壊れてしまうモノでも無いので是非少し奮発して選んでみてください!

最後まで読んでくださいまして誠にありがとうございました。

■合わせて読んでほしい!

-シューキーパー,
-,

© 2021 shinyblog