その他

失敗しない!革靴を中古で購入する時のポイントをまとめてみた!

中古靴 選び方 アイキャッチ

どうも、shiny(シニー)です。

中古靴検討した事ありますか?

私は割とメルカリ・ラクマを活用して中古靴を購入しています。

色々購入しましたが、思っていた以上に状態が悪かった苦い思い出もあれば、割と状態の良いものもありました。

苦い思い出があってもやめられない理由…やっぱり安いんですよね!

圧倒的に!

特に輸入靴は近年信じられないほどの値上がりをしています。

ジョンロブやエドワードグリーン、オールデンなんかはもう普通のサラリーマンが買えない位に…

でも中古靴なら大丈夫!

そもそも相場が安いですし、定番でなければかなり安い金額で購入する事が可能です。

今回はそんな高級靴を少しでもリーズナブルに楽しむための秘訣を伝授させて頂きたいと思います。

是非参考にしてみてください!

■本記事はこんな方にオススメ!
  • 中古靴のおすすめ購入方法を知りたい!
  • 中古靴購入ポイントを知りたい!
  • ピッカピカに復活させる方法はを知りたい!

まずは…中古靴って実際どうなの??

ハッキリ言って全てが良かったわけでは無いです。勝率としては5〜6割程度ですね。

思っていたより悪かったのが4割程度です。

こればかりは写真映りやこちらの思い込みもあるのでなんとも言えませんが…過大な期待を持つのはNGです。

中にはサイズが合わなかったものもありました。

入念に調べるタイプですが、勝率はこんなもんです。

合わなければ自らまた販売すれば良いんです。(くらいの気持ちで買いましょう。)

中古靴購入のメリット・デメリット

メリット

一番は価格ですよね。

かなりほぼ新品状態でも半額以下で取引されていることもザラです。

また自分が欲しいモデルが市場であまり人気が無い場合は特に定価に対して安く購入する事が出来ます。

また色々見ていると一見汚れている靴でも元は超一流ブランドの靴だったり、革は最高級のものを使っているシリーズだったりと、掘り出し物を発見出来る事も多くあります。

新品を購入するよりも楽しみ方が多彩です。

デメリット

デメリットとは、ある程度見識が無いと購入に値するものかどうかの判断が付きづらい事です。

また、サイズ感もブランドによって若干違うので注意が必要です。

この記事はこのデメリットを埋めるために書いて行きますの参考にしてみてください。

中古靴買うなら、フリマアプリ(メルカリ・ラクマ)がオススメ!

中古靴購入でおすすめなのがメルカリ・ラクマなどのフリマアプリです。

今や欠かせないアプリの一つになってきていますね。

現物を確認して購入出来ないのはデメリットではありますが、写真の解像度がドンドン上がってきているのでかなり詳細に状態を確認することが出来るようになってきました。

しかし油断は禁物!

悪意のある出品者は必ずいますし、コチラも過大な期待を持ちすぎない事が重要です。

出品者側も業者では無い事がほとんどなので対応・出荷日程・梱包品質など…思いもしない所でつまづく事があります。

しかし、それも個人出品の醍醐味…。

あまり神経質な方にはオススメしない方法ですが、コスパはGOOD!

私が中古靴選びで一番大事にしている事!それは…??

具体的な中古靴を選ぶ方法の前に、私が靴選びの時に一番重要視していることをお話したいと思います。

スバリそれは「サイズ感」です。

大体自分自信の足のサイズ感は分かっていると思いますが、メーカーによって微妙に違います。

私のマイサイズは日本のサイズで24.0〜24.5cm(UK5.5)ワイズは「E」です。

しかし手持ちの靴で同じサイズ感でも表記サイズが結構違う物があります。

例えば…下記に手持ちの靴で同じサイズ感の物を並べてみます。

  • スコッチグレイン匠シリーズ 24.0cm ワイズ「E」
  • ロイドフットウエア Jシリーズ UK5.5(24.0cm相当)ワイズ「E」
  • ジャランスリワヤ チャッカブーツ UK6.0
  • リーガル2235 23.5cm ワイズ「EE」

同じサイズ感でも、上の方(スコッチ)が一番キツく、下の方(リーガル)が一番緩いです。

メーカーによって作りが結構違うので、履いたことが無いメーカーを検討する場合は購入前にしっかり下調べされることをおすすめします。

過去にサイズ感について書かせて頂いた記事を記載させて頂きます。お目当てのブランドがあれば参考にしてみてください。

*スコッチグレインのサイズ感を知りたいならコチラ

*ドクターマーチンのサイズ感を知りたいならコチラ

*レッドウィングのサイズ感を知りたいならコチラ

中古靴の選び方のポイントをお教えします!

サイズと大体のメーカーにあたりがついたら、下記のポイントで中古靴を選びましょう。

下記ポイント①〜⑤が私が中古の靴を買う際のポイントにしている点です。

ポイント①から順に検討して貰えばOKです。

【ポイント①】出来る限り新しいものを狙う!

失敗したくなければ、やはりそもそも新しいに越した事は無いです。

新品・未着用や室内試着のみの靴も安く売っている事が多いです。

【ポイント②】革に割れが発生していないか?

ある程度使用感がある靴でも革に割れ(クラック)が発生していなければ一応なんとか修正可能です。

↓割れ(クラック)はこんな感じです。

スコッチグレインシャインオアレイン簡単手入れ

割れ(クラック)が発生している場合には素人での修正は不可能なので購入は見送りましょう!

【ポイント③】アッパーの傷、凹みはないか?

アッパーやつま先の凹みも補修がかなり厳しいので大きな傷がある場合は購入を見送った方が無難です。

特につま先は補修が大変なので擦り傷等、注意してください。

【ポイント④】ソールはどの程度減っているか?

ソールがすり減っているような靴もやめた方がいいです。

オールソールを見込んでもお買い得感がある場合のみOKですね。

オールソールは12,000〜15,000円程度するのでかなり安く無いと手が出ません。

【ポイント⑤】カカト部分の減りはどの程度か?

革の割れや、アッパーの革と違ってカカトは割と修理しやすい部類ではありますが、カカトが減っていると言うことはかなりの使用が予想されます。

これもかなりお買い得でないと手を出せないポイントです。

価格の目安

ほぼ新品に近い場合は定価の半額、使用感があっても上記②〜⑤を満たしていれば定価の3割程度であればお買い得の部類に入ると思います。

私が実際に購入した靴はこちら!

ロイドフットウエア Jシリーズ

新古品を購入しました。

ikomzoシューキーパー UK5.5装着

エドワードグリーン ドーバー

数回履いたと記載されたものを購入しましたが、インソールの状態からそこそこ履いていたのでは…?

という疑惑があります。

エドワードグリーンドーバー 靴磨き 完了!

ロイドフットウエア マスターロイド

まだこれから磨いていく買ったばかりの靴です。今までフリマアプリで購入した靴の中では圧倒的に状態が悪いですね。ただ、そこはマスターロイド。

どの程度の復活を遂げてくれるかは磨いてみてのお楽しみ!という感じです。

【追記】中古靴を甦らせるのもまた面白い!

この記事を最初に書いてからまた中古靴を購入してしまいました。

それがこのオールデンのタンカーブーツです。

素材はコードバン!

購入時の姿↓

オールデン タンカーブーツ 

これをキレイにしました。

簡単に工程をおさらい!

まずは定番の全体馬毛ブラシブラッシング!

オールデン タンカーブーツ 馬毛ブラシ ブラッシング
馬毛ブラシはコロニルがおすすめ! サイズ的にも丁度良く、毛量も多いので使い易いです。

コードバン専用の純正クリームで保革!

オールデン タンカーブーツ クリーム

純正品でなくてもOKですが、販売してくださった方がクリームを付けてくれたのでそのまま使います。

豚毛ブラシでブラッシングして余計なクリームを落とします。

オールデン タンカーブーツ 豚毛ブラシ

豚毛ブラシはサフィールノワールの少し良いブラシを使いました。

純正ワックス!

オールデン タンカーブーツ ファインワックス

純正のワックスで満足出来なかったのでさらにワックスで仕上げ!

オールデン タンカーブーツ 鏡面磨き仕上がり

最終仕上げはサフィールノワールのミラーグロスで仕上げました。

そしてラストは純正のコードバン専用の防水スプレー!

「レザーディフェンダー」というオールデンのコードバン専用のスプレーです。

オールデン タンカーブーツ レザーディフェンダー拭き取り

最終こんな感じ↓

オールデン タンカーブーツ 完成

思った以上にキレイに仕上がりました。

汚れていた靴をしっかりキレイにしてあげるのも中古靴の醍醐味です!

中古靴って水虫とか…大丈夫??

正直、中古靴を購入して水虫になった事はありませんが、理論的にはあり得ますね。

但し、しっかり掃除をすれば防ぐ事ができます。

上記の工程には書いていないですが、私は中古靴を購入した際には必ずアルコールティッシュで念入りに内側を拭きます。

そして、最低でも1週間は乾かします。

これでニオイが取れなかった事は無いですし、水虫になった事はないのでおおよそ対策としては間違いないと思います。

衛生的に気になるのであれば、丸洗いをするとかなり気持ち的に楽になるのではないかと思います。

まとめ【失敗談あり】

今回は中古靴をテーマに書かせて頂きました。もう手元にはありませんが、数年前、数回履いたというジョンロブのミュージアムカーフの靴を購入したことがあります。

状態も最高、シューキーパー付き、ほぼ新品のかなりお買い得状態でしたが、サイズ:UK5.0 ワイズ:Eで購入してしまいました。0.5くらいなんとかなると思ってしまったんですね。

完全に憧れの「ジョンロブ」に惑わされています。

結果は、残念ながら足が痛過ぎて履けませんでした…。

この経験から、上記で紹介させて頂いた、「一番大事にしている事=サイズ感」に繋がって行きます。

憧れの靴のお買い得品を目にした場合、どうしても我を忘れてしまいがちです。

この記事を読んでくれたあなたは同じ間違いをしないよう、落ち着いて購入検討してください。

最後まで読んでくださいまして誠にありがとうございました。

-その他,
-,