手入れ

靴磨き【毎日すべき手入れはこれだけ!】

どうも、shinyです。今回は毎日の手入れについて紹介したいと思います。

靴磨き毎日の手入れ

靴を手入れしてから1〜2回しか履いていないのに傷がついてしまったり、1日履いてすぐに汚れてしまったり…けっこう靴磨きをしたい衝動に駆られることありませんか?

履いたら毎回しっかり手入れを繰り返していると、自分が疲れるばかりだけではなくクリームの塗り過ぎで革が柔らかくなり過ぎ耐久性が落ちてしまいます。クリームを使った手入れはやりすぎ厳禁!

今回紹介する手入れは、クリームを使わない、超適度、かつ簡単に出来る毎日の手入れです。意外と知らない方も多いと思うので是非参考にしてください。

毎日すべき手入れはこれだけ

超簡単なのでまずはやり方だけ解説していきます。

必要な物

  1. シューキーパー
  2. 化繊ブラシ(馬毛ブラシでもOK!)
  3. 豚毛ブラシ(シュムッツブラシがベスト!)

この3つだけです。

毎日の超簡単お手入れ3STEP!

続いて手入れの方法について紹介します。方法も簡単で3STEPだけ。大体5分程度で終わってしまいます。

【手順1】シューキーパーを入れる。

一日履いた靴です。形を整える意味で帰宅後はなるべく早めにシューツリーを入れれます。プラスチック製ではなく、木製のシューキーパーがおすすめです。

毎日の手入れ シューキーパー

【手順2】馬毛ブラシでブラッシング(化繊ブラシでもOK)

馬毛ブラシでホコリと汚れを落とします。ホコリ・汚れをそのままにしておくと、革の油分が奪われてしまうのでブラッシングはなるべく早く行いましょう。またこのブラッシングをすることによって多少の傷は均されるのでキレイさが少しだけ復活します。ブラシは柔らかいものであれば馬毛ブラシでも化繊ブラシでもOKです。つま先の傷が均されてかなり見えづらくなる様子を写真に収めて見ました。

毎日の靴磨き ブラッシング前
ブラッシング前のつま先
毎日の靴磨き ブラッシング
ブラッシング
毎日の靴磨き ブラッシング後
ブラッシング後

鏡面磨き後の輝きとはいきませんが、かなりキレイになります。

【手順3】靴底を豚毛ブラシでブラッシング

次に靴底を豚毛等の固いブラシでブラッシングします。汚れ落としの意味合いが大きいですが、実際靴底を見る瞬間はこの時しかないのでオールソールの時期やかかと部分の減り具合、コバの手入れの時期が良くわかるようになります。

毎日の手入れ 靴底ブラッシング前
靴底のブラッシング前
毎日の手入れ 靴底ブラッシング
靴底ブラッシング
毎日の手入れ 靴底ブラッシング後

私は持っていないのですが、靴底の汚れ落とし専用の「シュムッツブラシ」という名称のブラシがタピールやコロニルから販売されています。

完了!

ここまでで【毎日の手入れ】は完了です。超簡単ですがこまめに手入れしておくことで、靴をより綺麗に保つ事が出来ます。私は革靴を履いたら必ず実施してる手入れです。

毎日の手入れ 完了

【疑問】

シューキーパーは必要?新聞紙では?

シューキーパー必須です!まだ持っていないなら購入をおすすめします。新聞紙を入れても革を伸ばす事はできますが、形状が維持出来ない点、湿気を逃がすことが出来無い点からおすすめ出来ません。(私もシューキーパーが不足していた時に新聞紙を利用していましたが型崩れが気になりました。)現在は2000円台から購入出来るので大切な靴を末永く使い倒すためにもシューキーパーは必須です。

手入れのタイミング【毎日じゃないと駄目なの?】

超簡単でかなり効果のある手入れですが、習慣にならないとなかなか忘れてしまう手入れでもあります。実際何度か忘れてしまうこともありましたが…とりあえずシューキーパーさえ付けていれば次の日でも大丈夫です。シューキーパーは必ず入れましょう!

まとめ

今回は毎日の手入れについてまとめさせて頂きました。シューキーパーを入れて、ブラッシング✕2の超簡単手入れですが、靴の美しさを維持するためには欠かせない手入れになります。まだ毎日の手入れをしていない方は是非参考にしてみてください!

-手入れ,
-

© 2020 shinyblog