ブーツの手入れ

レッドウイング8875「経年変化15年」!純正オイルを使った手入れの方法!

レッドウイング8875の手入れの方法

どうもshinyです。

レッドウイング手入れしていますか?レッドウイングはかなり頑丈なブーツなので、ほぼノーメンテでも5年以上は余裕で履けてしまいます。それが故に甘えてしまってなかなか手入れ出来ないんですよね。

しかし、一度手入れすると革も履き心地も格段にアップします。今回は手持ちのレッドウィング8875を純正オイルで手入れする手入れの方法を紹介したいと思います。

ちなみに今回使うレッドウイング8875は…なんと15年物です!毎日履いているわけではないですが、15年も履くとかなり愛着が湧きます。この記事を参考して頂ければあなたのレッドウイングも15年履けるかもしれません。

■こんな方に読んでほしい!
  • レッドウィングの純正オイルを使った手入れの方法について知りたい!
  • 「オイル」?「クリーム」??どちらが適性か知りたい!
  • 手入れの頻度が知りたい!

レッドウイング8875との出会い

15年ほど前に靴やブーツについて何もこだわりが無い時代に初めて買った初めてのブーツがレッドウイング「8875」です。なぜ8875を選んだか…は覚えていませんが、このブーツから靴を手入れすることを学びました。この靴から私の靴磨きが始まったと言っても過言ではありません。

ジーンズにも合わせやすく、レッドウイングの定番品なので流行りに左右されません。初心者にも超おすすめしたいブーツです。

手入れの前に確認して!「オイル」と「クリーム」の使い分け!

レッドウィングにはお手入れ用品として「ミンクオイル」「オールナチュラルレザーコンディショナー」「ブーツオイル」の3種類があります。分類すると2種類に分けられます。

  • オイル→「ミンクオイル」「オールナチュラルレザーコンディショナー」
  • クリーム→「ブーツオイル」

「純正オイル(ミンクオイル・オールナチュラルレザーコンディショナー)」を使う手入れを推奨しているモデルは「純正クリーム(ブーツクリーム)」を使っても大丈夫ですが、「純正クリーム」の手入れを推奨しているモデルに関しては「純正オイル」を使った手入れはやめた方が無難です。形が崩れます。

モデル別使い分けはこちら↓

「ミンクオイル/オールナチュラルレザーコンディショナー」に適したモデル

  • アイリッシュセッター(9874/9878/9870/9852/9894)
  • アイリッシュセッター(8877/8875/8179/8166/8165/877/875)
  • クラシックワーク(877/875)
  • スーパーソール(8804/8133)
  • ペコス(8866/8169/8845)
  • エンジニア(2268/9268/2966)
  • ロガー(9210)
  • ワークオックスフォード(8103/8106/8109/8001/8002/8005)
  • ロメオ(8145/8142)
  • フォアマンオックスフォード(8049/8054)

「ブーツクリーム(乳化性クリーム)」に適したモデル

  • ベックマン(9411/9413/9414/9416/9060/9062/9063)
  • ミルワンコングレス(9077/9078/9079)
  • キャバリーチャッカ(9095/9096/9097/9098)
  • ミルワンブルーチャーオックスフォード(9086/9087)
  • 1920sアウティングブーツ(8825/8826/8827)
  • 1930sスポーツブーツ(8075/8076)
  • 1930sスポーツオックスフォード(8070/8071)
  • アイリッシュセッター(9877/9875/9879/9871/9866/9853/9895)
  • アイリッシュセッター(8875/8861/9111/8151)
  • ラインマン(2995/2996)
  • クラシックワーク(8876/8861/9111/8151)
  • ラインマン(2995/2996)
  • ワークオックスフォード(8095)
  • ポストマン(101/9196)

これから手入れをするのは8875なので「オイル」を使った手入れの方法になります。

「クリーム」を使った手入れの方法については下記記事で紹介しています↓

 

オススメ!
レッドウィング オイル?クリーム? アイキャッチ
純正クリームを使った手入れの方法を紹介!

どうも、shinyです。 レッドウィング大好きです! 今回は、大好きなレッドウィングの純正品の「オイル」と「クリーム」お使い分け方について書いていきたいと思います。 ちなみに使い分け方、ご存知でしょう ...

続きを見る

 

この手入れで15年履ける!純正オイルを使った手入れの方法を大公開!

キレイに履く、というよりはワークブーツらしさを全面に出しすスタイルの手入れになります。もっとキレイ目に履きたいという方はオイルを塗る前にリムーバーを使ってしっかり汚れ落としをし、ミンクオイルではなく補色も出来る乳化性クリームを使うとかなりキレイにブーツを保つことが出来ます。

手入れに必要な道具はこれだけ!

レッドウイング8875 ケア用品
  • 馬毛ブラシ
  • レッドウイング純正オイル

共に純正品である必要は全くありませんがミンクオイルは量と品質、コストバランスからも純正品がなかなかおすすめです。どちらも純正である必要は全然ありませんが、レッドウイング純正だからといって特別高いわけでも無いのでどちらもおすすめ出来る商品です。

【STEP①】靴紐を解く

すき間に隠れているホコリもしっかり落とすために靴紐は必ず外しましょう。

レッドウイング8875 手入れ 紐外し

【STEP②】馬毛ブラシでホコリ落とす

全体をブラッシングします。とくにタンの付け根はホコリが溜まりやすくなっているので入念にブラッシングします。

レッドウイング8875 手入れ ブラッシング

【STEP③】ミンクオイルを全体に塗布

オイルを全体に塗布します。直接指で塗るのがおすすめです。体温でオイルが溶けて塗りやすくなります。

レッドウイング8875 手入れ ミンクオイル

コバの部分はペネトレイトブラシあればペネトレイトブラシで。なければティッシュの先を補足しても塗ることが出来ます。こんな感じ↓

レッドウイング8875 手入れ ミンクオイル コバ部分

【STEP④】1〜2時間位放置

クリームを染み込ませるため2時間程度放置します。テカリがなくなってきたらOKです。

レッドウイング8875 手入れ 放置状態

【STEP⑤】全体をブラッシング

全体をブラッシングします。念入りにブラッシングするとツヤが出るのでツヤを出したい方は結構念入りにすることをおすすめします。

レッドウイング8875 手入れ ミンクオイル後 ブラッシング

【STEP⑥】靴紐を装着して完了!

靴紐を装着して完了です。革がかなり柔らかくなるので履き心地もかなり良くなると思います。

レッドウイング8875 手入れ 完了

手入れの頻度は?

年に3回程度です。ブーツを箱にしまう初夏とブーツを引っ張り出す秋、あとは途中1回程度ですね。場合によっては初夏と秋の2回でOKです。とにかく永く使う上で大切なのはしっかり手入れをすることと手入れをしすぎないこと。

補色はしなくてもいいの?

15年間補色しずに手入れをしてきましたが、色が剥げてしまうようなことは今の所ありません。革靴の様に手入れの度に同色のクリームを塗ってもいいですが、真新しい感じが続いてしまい少しワークブーツ感が薄れてしまいます。ベックマンなど少しキレイめに履けるブーツであれば手入れの度に補色するのはアリだとは思います。

番外編!インソールの手入れ編!

レッドウイングのソールはレザーで出来ているます。手入れをしていなと乾いて割れちゃいます。今回は15年間で初めてインソールにオイルを入れてみました。ガサガサ感がなくなっていい感じです。インソールなのでオイリーになっても水分が多くても駄目!なのでいつもお世話になっている万能デリケートクリームを選びました。もちろんバッチリです↓

レッドウイング8875 手入れ インソール用

まとめ

実際15年履いているレッドウイングを元に手入れの方法を紹介させて頂きました。ネットで色々方法が紹介されていますが、正直どれも手を掛けすぎですね。革は油分や水分が必要ですが、油分や水分を入れすぎてしまうと逆に柔らかくなりすぎてしまいます。柔らかくなった革はとても脆いです。10年以上レッドウイングを履くコツは「手入れはキッチリするけど手をかけすぎない!」コレに限ると思います。とは言え、今回手入れをしてみてさすがに汚れが目についたので近々リムーバー&補色の手入れをするかもしれません。

-ブーツの手入れ
-, ,

© 2020 shinyblog