ブーツの手入れ

Dr.martens(ドクターマーチン)お手入れの方法・洗い方を完全解説!【2回目以降ver.】

ドクターマーチン 2回目以降の手入れ アイキャッチ画像

どうも、shiny(シニー)です。

今回は前回に引き続き、ドクターマーチンの手入れの方法について書いていきたいと思います。

前回の記事↓

オススメ!
ドクターマーチンの購入後最初にやるべき手入れはコレ!

どうも、shiny(シニー)です。 今年も相変わらずドクターマーチンが人気ですね。街で良く見かけます。 男女共に分け隔てなく使えてカッコいいブーツは他に無いかもしれません。 そんな超人気のドクターマー ...

続きを見る

前回は【購入後最初の手入れ】の方法。今回は【2回目以降の手入れの方法】になります。

ほとんど一緒ですが、一手間違うので是非参考にしてみて下さい。(この一手間がミソなんです。)

この記事を読んで頂ければ、さらにドクターマーチンのブーツの手入れの勘所を掴んで頂けると思います。

■こんな方に読んでほしい!
  • 既に新品では無いもののこれからでもドクターマーチンの手入れの方法を知りたい!
  • ドクターマーチンを相棒として末永く履いていきたい!
  • ドクターマーチンの手入れの基本が知りたい!

ドクターマーチンの手入れの必要性と頻度

ドクターマーチンは月に一回程度手入れをするのがおすすめです。

なぜか?…そもそもどんな丈夫な革でも必ず水分と油分が揮発して失われていきます。

さらに外に履いて出かけている状態であれば、ホコリが付着したり、雨に振られたり…水分・油分がより無くなっていく状態に…。

こうなるといとも簡単に革が割れます。

週に1回程度履く分には2ヶ月に1回の手入れで大丈夫ですが、頻度が高ければ月1回の手入れがおすすめです。

初回の手入れとの違い!

結論からいうと、初回の手入れとの違いは、リムーバーを使用するかしないかだけです。

2回目以降の手入れではリムーバーを使って、汚れ・古いクリーム・古いワックスを落としていきます。

特に前回の手入れで有色のクリームを使った場合や、ワックスを使って鏡面磨きをした場合などは念入りにリムーバーを使って汚れを落とす必要があります。

手入れの方法紹介!

それでは具体的な手入れの方法を紹介していきます!

紐を外して馬毛ブラシでブラッシング

靴紐を外して馬毛ブラシブラッシングしていきます。

ここでしっかりホコリや小石を落とします。

ホコリや小石が残ると、ブーツを傷をつけてしまうのでしっかり全体をブラッシングしましょう!

ドクターマーチン手入れ 馬毛ブラシ

馬毛ブラシはコロニルがおすすめ!

サイズ的にも丁度良く、毛量も多いので使い易いです。

リムーバーで汚れ落とし【ココがポイント!】

次にリムーバーで汚れを落とします。

前回使ったクリームが有色の場合は特にリムーバーは必須です。

色がついたクリームの場合、顔料が入っているためそのままクリームを重ねると顔料が層となって積み重なり、どんどんクリームの栄養素が入るのを阻害していきます。

ワックスを使った場合は更に注意が必要です。

必ずリムーバーを使って汚れ・クリーム・ワックスを落とすことを忘れないようにしてください!

これが2回目以降の手入れの肝です!そしてドクターマーチンを長く履くコツです!

ドクターマーチン手入れ リムーバー

前回黒色の乳化性クリームで手入れしているのでこんな感じに古いクリームが落ちます。

ドクターマーチン手入れ リムーバー2

モウブレイのステインリムーバーは水性のリムーバーで革への負担を最小限に留めてくれるリムーバーです。

水性ですがよく落ちます!

おそらく靴磨きの業界で最もよく使われているリムーバー!

乳化性クリームを全体に塗布

リムーバーで汚れを落とした後は水分と油分を補給します。

乳化性クリームであれば特にどのメーカーでも問題はありませんが、有名所が出しているクリームが間違いありません。

ちなみに今回は、ニュートラルのクリームがレッドウィングしかなかったのでこちらで手入れしていきます。

レッドウィングは安くておすすめですよ。

もし乳化性クリームを持っていないのであれば、純正のワンダーバルサムがおすすめです。

純正のワンダーバルサムについては下の方で追記させていただきます!

ドクターマーチン手入れ 乳化性クリーム

豚毛ブラシでブラッシング

豚毛ブラシでクリームを均していきます。

強めに全体をブラッシングして余分なクリームを取り除くと同時に均していきます。

ブラッシング後に布の切れ端で乾拭きするとキレイに仕上がります。

ドクターマーチン手入れ 豚毛ブラッシング

私が愛用しているのは、超コスパ豚毛ブラシです。価格は安いですが、品質はしっかりとした優れもの。

サイズも丁度いいです。

まだ持っていない方は本当におすすめ出来るブラシなので是非試してみてください。

完成!

ドクターマーチン手入れ 完成

今回手入れしたブーツを紹介!

今回手入れをしたブーツは1460 8ホールというドクターマーチンのアイコン的超定番ブーツです。

最初に購入するならまずはこの1460 8ホールブーツがおすすめ!

服との合わせやすさ、手入れした時のキレイな仕上がり…たまりませんね!

おすすめ購入方法

安く購入するのであれば、楽天やAmazonがおすすめ!

ネットでの購入はちょっと不安…という方は公式HPからの購入がオススメです。

公式HPは純正の手入れ道具なども販売しているので是非覗いてみてください。

【追記】純正クリーム「ワンダーバルサム」購入しました!

純正品のワンダーバルサムを購入しました。

ドクターマーチン サイドゴア ワンダーバルサム

購入レビュー記事はコチラ

使用してみた感覚としては、やはりクリームは純正である必要は無かったと確信しました。

ただ、純正のワンダーバルサムは中にクリーム塗布用のスポンジが付いています。これが中々便利。

ドクターマーチン サイドゴア ワンダーバルサム スポンジ

結論としては…

  • ドクターマーチンの他にもブーツや革靴を手入れしたい!→乳化製クリームでOK!
  • ドクターマーチン以外はほとんど手入れをしない!→ワンダーバルサムでOK!

こんな感じでOKです!

まとめ

今回は、2回目以降のドクターマーチンの手入れについて紹介させて頂きました。

この先は同じ手入れを1〜2ヶ月の頻度で行って頂ければかなりいい状態で維持が出来ると思います。

最初は少し手間に感じるかもしれませんが、靴を長持ちさせるためには必須です!

是非挑戦してみてください。続けて行くと結構ハマりますよ!

最後まで読んでくださいまして誠にありがとうございました。

■合わせて読んでほしい!

-ブーツの手入れ,
-,