その他

リーガル(REGAL)の靴が恥ずかしい!?超素晴らしい靴ですよ!

どうも、shinyです。

今回はある出来事があったのでリーガルの素晴らしさをお伝えしたいと思います。

ちなみにある出来事とは…後輩に革靴の購入を相談された時のことです。私は自信を持ってリーガルがおすすめしたのですがなかなか渋った表情。聞いてみると雑誌等で紹介されている英国製の靴を検討しているとのこと。

なんならちょっとリーガルは恥ずかしいみたい…。

これはいかんですよ!

と、いう事でリーガルがいかに素晴らしい靴メーカーなのかを力説させて頂きます!

■こんな方に読んでほしい!
  • リーガル欲しいけど恥ずかしい。と思っている方!
  • 国産の革靴をお探しの方!
  • リーガルの中でのどのリーガルを買おうか迷っている方!

でも、思い返せば…

ぶっちゃけ、私にもリーガルを軽んじていた時期があったのは確かですね…。

やっぱり靴は英国製!クロケット&ジョーンズ 買ったぜ〜!みたいな。

お恥ずかしい話ですが、ブランド名でしか靴を見れていなかったですね。

しかし、クロケット&ジョーンズ、ジョンロブ 、エドワードグリーンを経て、ようやく多少は品質を見れるようになりました。

色々履いて見たからこそ分かるリーガルの素晴らしさを実感しています。

高品質かつ安価!分かりやすく車でいうと「トヨタ」!

とてもざっくりですがコレです。

トヨタは言わずと知れた日本国内で50%のシェアを誇る自動車業界の王者です。

トヨタの車、どんなイメージですか?品質?カローラ?ランドクルーザー?

私のイメージは、「高品質」で「堅牢なもモノづくり」です!

リーガルは高品質&高い堅牢性を持っている!

靴全体の出来を見てもかなり出来は良いです。

タイプは違いますが、同じ価格帯の靴を比べてみましょう。

左:ジャランスリワヤチャッカブーツ 右:リーガル2235

リーガル良さ ジャランスリワヤ 歪み
リーガル良さ 2235

左のジャランスリワヤの靴、右足の方が若干歪んでいるのが分かりますか?これ、はじめからなんです。

ジャランスリワヤの方は巷でコスパの良い靴として知られています。もちろん靴としてジャランスリワヤもとても良い靴で大好きです。が、履いてみての品質・安心感はリーガルの方が1歩も2歩も先に行っているように感じます。

さらに履き込んで行くと違いは明らかです。

ジャランスリワヤはインソールの剥がれが出たり、紐が蝋引きでなかったりと細かい所で色々修理が必要でしが、リーガル今の所一切不具合無しです!さすがの耐久性!かゆいところに既に手が届いている靴であることを実感しました。

ジャランスリワヤのインソールの剥離

リーガル良さ ジャラン内部剥がれ

チャッカブーツと2235では比較が難しいですが、逆に同価格帯なら「革は」ジャランスリワヤの方がキメが細かいと思います。が、総合ではリーガルに軍配が上がるかと思います。

ちなみに比較させていただたい「リーガル2235」は50年近く形が変わっていないリーガルのアイコン的な靴で、超固い革+ダブルレザーソールの堅牢性の代表格と言っても良い位の靴です!

オススメ!
リーガル2235 半年レビュー アイキャッチ
リーガル2235半年レビュー!10年は余裕で履けそう!

どうも、shinyです。 表題の通り、リーガル 2235を購入して半年が経ちました。今回は半年履いてみて分かったこと、良かったこと・悪かった事などを書いていきたいと思います。 ■本記事の内容 リーガル ...

続きを見る

リーガルが「恥ずかしい」と思われる理由!

ビジネス靴と言えば「リーガル」。おじさんの靴と言えば「リーガル」。こんなイメージを持っているからでは無いでしょうか?

確かにリーガルはガラスレザーのセメンテッド製法の安い革靴も取り扱っています。そして世のサラリーマンのほとんどがその1万円以下のリーガルを履いています。

おそらく恥ずかしいと思ってしまうのはそのイメージが先行してしまっているからではないでしょうか?

本当もったいないですね。

そもそもリーガルは安い靴から高い靴まで販売しています。確かに安いカテゴリーの靴もありますが、高価格帯(と、いっても3万円台)の靴であれば世界的に見ても「中の上」辺りの品質は余裕で確保しています。

全力でおすすめしたいモデル

日本人の足に合った木型を使い、ヨーロッパの上質な革で作った靴がリーガルにもいっぱいあります。

その中でも激推ししたいのがこちら!「01DRCD」です。

まさに「定番」といい意味の「普通」を究極まで高めたモデルです。

奇抜な事をせず全体の品質を高めた「01DRCD」はまさに名作です。

アッパーの革はアノネイ社のカーフを採用しています。

同じアノネイの革で作られた靴を磨いた画像。01DRCDのレベルならこのくらいは簡単に光らせる事が出来ると思います↓

さらなる高み【シェットランドフォックス】

リーガルは、リーガルブランドの他に、さらに作りや革にこだわった靴を「シェットランドフォックス 」というブランドで製造、販売しています。

シェットランドフォックスのコンセプトは、「ブランドに惑わされない、日本人のための日本製の靴ブランド」です。

ブランド名に惑わされない品質をしっかり感じることのできる大人の靴です。

そんなコンセプトにやられて私も一足購入してしまいました。

シューキーパー紹介シェットランドフォックス装着時

ムラ感のある革がいい感じです!

リーガルの作り込みが更に良くなった上に、使用している革や製法にもこだわっています。

こちらもリーガルの公式サイトで全てのラインナップを確認することが出来ます。

シェットランドフォックスのシリーズについては下記記事でまとめておりますので、よかったら参考にしてください!

オススメ!
シェットランドフォックスシリーズまとめ
シェットランドフォックスシリーズ総まとめ!

どうも、shinyです。 今回は私の大好きなブランドであるリーガルの上位ブランド、シェットランドフォックスをシリーズ別にまとめてみました。(かなり多かった…。) 私もUチップを一足持っていますが超カッ ...

続きを見る

同価格帯で海外メーカーがリーガルに勝てない理由

とてもシンプルな話。

一般に販売される輸入靴の場合、大体関税として小売価格の2〜3割が関税として掛かっています。(*個人輸入の場合は対象額が安くなる点、時期によって軽減税率がある場合があります。)

そうなんです。

同じ製法、同じ革、同じ給料の人が製造した場合、海外製品は2〜3割高くなります。

品質だけを考えた場合、日本で米国靴、英国靴を購入するとどうしても価格が高くなります。

コストベースで考えるなら国産メーカーがオススメです!

それでも海外メーカーが売れる理由、私が買う理由

単純に革の質が良いんです。やっぱりアノネイ社、ワインハイマー社などヨーロッパ圏に主要なタンナーがあるからだと思います。

歴史的に良い革を優遇しているのかもしれませんね。

もちろんシェットランドフォックスのレベルだと本当に海外メーカーの10万円以上のレベルと遜色はありませんが…海外メーカー品が欲しくなったりします。

シチュエーション別おすすめリーガル

就活生&新入社員

就活中の方や新入社員の方はなかなかビジネスの場にふさわしい靴がどのようなものか分かりづらいと思います。

絶対的に外さない靴は「黒のストレートチップ」です。黒のストレートはビジネスから冠婚葬祭までどこに履いて行っても間違いありません。

そしてストリートチップの中でもソールはラバーソールがおすすめ。ラバーソールにすることにより晴れの日だけではなく、雨の日まで対応可能です。

特に「01TRCE」はゴアテックスを採用したモデルで雨にもかなり強いモデルになっています。アッパーの革は国産カーフを採用。定番・王道の形状は流行りに左右されず永く履けること間違い無しです。

30代の中堅社員

ある程度仕事も慣れてきて部下も出来た頃、若い部下におすすめの靴を聞かれたりします。そんな時、自分が履いている靴がこだわりの靴だとカッコいいですよね。

私が30代中堅社員におすすめする靴はこの記事の中盤にも紹介させて頂いた「01DRCD」です。

取引先の接待の時にかっこ悪い靴を履くわけには行かないし、あまり目立つのもNG…ってときにも大活躍!

また少し飾りが入ったモデルも、紺のジャケットや、明るい色のスーツに映えます。こちらもおすすめです。「02DRCD」!

40代の管理職

40代以上におすすめなのは「シェットランドフォックス」です。

心の余裕もあり、部下からも尊敬される上司は身なりもキチンとしています。そんな余裕のある大人にピッタリの靴です。

シェットランドフォックスにも色々なモデルがあります。特におすすめなのが下記のモデル↓

ブラッドフォード

シェットランドフォックスの中堅グレード。ソールにもこだわるのがこのレベルです。

50代の管理職または経営者

このあたりのビジネスレジェンドにはぜひシェットランドフォックスの最高峰、「ケンジントンⅡ」を履いて頂きたいです。

ちなみに「ケンジントンⅠ」は革の入手が難しくなったため廃盤。但し、現採用の革も最高峰と言っても良いレベルです。

製法は「グッドイヤー+セミマッケイ」ソールのくびれの部分がマッケイであとはグッドイヤーです。この工法を取ることにより土踏まずのあたりにかなりくびれが出来ます。エレガントさMAX!

カジュアルでおすすめのリーガル

リーガルはカジュアルでも素晴らしいモデルがあります。

それがリーガルの「2235」!

スーツにもジーンズにピッタリでかなり汎用性が高いモデルです。私が持っているのはブラウンのモデルです。

シューキーパー装着例リーガル2235

履き始めはかなり固めですが、履いていくうちにかなり柔らかくなります。超おすすめの一足ですね。

おすすめ!
リーガルの名品【2235】はスーツにもカジュアルにも合う!

どうも、shinyです。 一番最初に投稿したリーガルの2235の購入記事が消えてしまったので再掲させて頂きます。 いや〜記事が消えるとなかなかシンドイですね。バックアップは一応取ってあるのですが、色々 ...

続きを見る

リーガル&シェットランドフォックスはサイズに注意!

リーガルはサイズ感がかなり特殊です。

私の場合、スニーカーが25.0cm、革靴の場合24.0〜24.5cmですがリーガル 2235は23.5cmを履いています。(それでも少し大きく感じるくらい。)

ネット販売は安く買えますが、サイズがバッチリ分かっている場合でないとなかなか厳しいです。

そこでオススメしたいのがリーガルの公式販売サイト、「シューズストリート」です。

シューズストリートはリーガルの靴だけでなく、サントーニ、シェットランドフォックス 、リーガルトーキョーなども購入できる他、なんと10回もサイズ交換が可能です。

10回も試し履きする事は基本的には無いとは思いますが確実にマイサイズを見つける事が出来ます。

店舗に無いシリーズ、サイズって実はかなりあるので絶対的に安心感があります。

シリーズ選び、サイズ選びに絶対失敗したくない方は特にオススメです。

まとめ

今回は、リーガルを少し恥ずかしいと思っている方向けに、リーガルの素晴らしさについて書かせて頂きました。まだまだ全然書ききれないくらい、リーガルは素晴らしい靴メーカーです。

ちなみに冒頭紹介させて頂いた後輩はリーガルの「02DRCD」を買いました。

見せて貰いましたがやっぱり作り、革共に良い靴でした。本人も気に入ったようでよかったです。

品質とコスパのリーガル!超オススメです!

最後まで読んでくださいましてありがとうございました。

■合わせて読んでほしい!

-その他,
-

© 2020 shinyblog