ブランド 手入れ

リーガルのゴアテックスは雨の日だけ履くなんて勿体無い!手入れの方法&オススメモデルも紹介!

どうも、shiny(シニー)です。

リーガルのゴアテックス【01TRCE】を購入してから2ヶ月が経過しました。

今回は実際履いてみて、本当にオススメ出来る革靴なのか!?をテーマに記事を書いていきたいと思います。

この記事を読んで頂ければ、リーガルのゴアテックスの素晴らしさをご理解頂けると思います。

是非参考にしてみて下さい。

■こんな方に読んでほしい!
  • リーガルのGORE-TEXが気になっている!
  • GORE-TEXの靴の効果を知りたい!
  • GORE-TEX革靴の手入れの方法を知りたい!

手持ちのゴアテックスモデルは【01TRCE】シリーズ

私が持っているリーガルのゴアテックスは【01TRCE】というモデルになります。

価格的にかなり幅がありますが、比較的高価格帯のこの靴を購入したのは…グッドイヤーウェルト製法だったからです。

グッドイヤーウェルト製法であれば、ソールがオール交換可能なので末永く履くことが出来ます。

リーガル ゴアテックス
  • ブランド:REGAL(リーガル)
  • モデル:01TRCE
  • カラー:ブラウン
  • サイズ:23.5cm
  • 製法:グッドイヤーウェルト製法
  • 特徴:GORE-TEX(ゴアテックス)を採用
  • 革:国産カーフ

雨の日に履いてみた感想!防水性は?ムレない??

雨の日に一日履いてみましたが、全然雨の侵入はありませんでした。

強い雨ではありませんでしたが、台風や大雨では無い限り間違い無く問題ないと思います。

GORE-TEX(ゴアテックス)恐るべし!

実は晴れの日の効果がすごい事になってます!

雨の日はもちろん問題無いのですが…ゴアテックスの凄いところは、晴れの日に全然ムレない所です。

そもそも、ゴアテックスは構造上水を通しませんが通気性は確保するという夢の素材です。

晴れの日は水の侵入がないことは当たり前ですが、靴の中の通気性はバッチリ確保してくれます!

ゴアテックスの靴は雨用のイメージが強いですが、晴れの日も活躍してくれる超便利な靴でした!

唯一のデメリットはコレ!

唯一と言っていいデメリットは…ゴアテックス効果を保証するソール交換が一回のみというところです。

リーガルの店員さんに聞いたので間違いありません。

それでも、ソール交換まで履いて…7〜8年、そこらからまた同程度履けるとすると…15年は履けますね。

やっぱり最強の相性でした!防水性をさらに高める手入れの方法!

ゴアテックスは革の内側で水の侵入を防ぐ役割を担っています。

表面の革は、普通の革靴となんら変わりはありません。そこで表面の革に防水性を付加する事で更なる防水性を確保する手入れが今回紹介する手入れの方法になります。

プレメンテでも同様の手入れを行いましたが効果は抜群でした!

全体をブラッシング

全体を馬毛ブラシでブラッシングし、ホコリを落とします。

リーガル ゴアテックス 馬毛ブラシ

古いクリームをリムーバーで除去

次にリムーバーを使って古いクリームを落としていきます。

リムーバーをよく振って布に染み込ませたらワックスをかけた箇所を中心に優しく撫でていきます。

リーガル ゴアテックス リムーバー

使用したのはモウブレイのステインリムーバーです。

つま先の濃い茶色(焦がし)の部分を落とさないように革に優しいリムーバーを使いました。

コロニル1909 シュプリームクリームデラックスを塗布

クリームを落とし終わったらコロニル1909 シュプリームクリームデラックスを全体に薄く塗布していきます。

リーガル ゴアテックス コロニル1909

指で塗りにくいコバの部分や縫い目の部分はペネトレイトブラシを使います。

リーガル ゴアテックス ペネトレイト

このクリーム中々の優れもので、乳化性クリームであるにも関わらず、フッ化炭素樹脂が含まれています。

このフッ化炭素樹脂が撥水効果を発揮するため、防水スプレーしなくても撥水効果があります。

豚毛ブラシでブラッシング

クリームを塗り終わったら5分程度放置し、豚毛ブラシで全体をブラッシングしていきます。

リーガル ゴアテックス 豚毛ブラシ

余分なクリームを均す作業なのでけっこう強めでOKです。

ブラシの柄の部分をぶつけないように気を付けてください。

鏡面磨き

ブラッシングが終わったらKIWIグロスパレードで鏡面磨き!

リーガル ゴアテックス 鏡面磨き

もちろん鏡面磨きはKIWIでなくてもOK!

サフィールノワールのミラーグロスを使うともっと簡単に鏡面磨きが出来ます。

参考まで↓

オススメ!
サフィール ミラーグロス アイキャッチ画像
サフィールノワール ミラーグロスは使い方にクセあり!でも美しさと早さを求めるなら…必須品!!

どうも、shinyです。 今更ですがサフィールノワール ミラーグロスを購入してみました。 そもそも購入する気は無かったのですが… 久々にドライワックス作ろうとショップへ立ち寄った所、店員さんにおすすめ ...

続きを見る

鏡面磨き後はこんな感じ↓

リーガル ゴアテックス 鏡面磨き後

全体↓

リーガル ゴアテックス 鏡面磨き後

コロニル1909 シュプリームプロテクトスプレーでさらに防水性をUP

鏡面磨きが終わったらコロニル1909 シュプリームプロテクトスプレーをかけていきます。

靴紐はつけてスプレーしましょう。

リーガル ゴアテックス 防水スプレー

スプレーしたら10分放置!

鏡面磨きが曇りますがあとで乾拭きすれば復活するのでご安心下さい。

スプレー後↓

リーガル ゴアテックス 防水スプレー後

ネル生地で乾拭き

最後にネル生地で乾拭きすれば輝き復活!

リーガル ゴアテックス 乾拭き

乾拭き後↓

リーガル ゴアテックス 乾拭き後 比較
乾拭き前・乾拭き後 比較

完成!

コロニル1909シュプリームクリームデラックスで防水性を付加しつつ、さらに同じくコロニル1909で相性抜群のプロテクトスプレーで防水効果を強化します。

リーガル ゴアテックス 完成

これで外側はクリーム+スプレー、内側はゴアテックスで完全防水です!

永く履くのであればオールソール(ソール交換可能)出来るモデルがオススメ!

一足の靴を大事に履きた方はソール交換出来るモデルをオススメします。

見分け方は、超簡単!

靴の製法が、セメンテッド製法かグッドイヤー製法かを見れば判断出来ます。

公式販売ページにアクセス➡︎気になる製品を選択➡︎製法欄を確認!グッドイヤーウエルト製法であればソール交換可能なモデルです。

引用:REGAL

セメンテッド製法は、アッパー(革靴のソールより上の部分)とソールが接着剤で貼り付けてある靴を指します。接着剤で付けるだけなの早くて簡単!価格も安いのに対し、グッドイヤー製法はアッパー部分とソールの部分を糸で縫い付けているので手間が掛かっています。糸で付いているのでソールは交換可能です。

10年履くならおのずとソール交換が必要になるので永く履きたい方はグッドイヤー製法の靴を選びましょう!

*注意*REGALに確認したところ、ゴアテックスの効果を保証したソール交換は一回のみとの事です。それでも5〜8年で交換としたとして…結果的に10〜15年は履けます。

REGAL(リーガル)GORE-TEXのおすすめ品紹介!!

おすすめ品①01TRCE

一番のオススメ品はやはり01TRCE!

定番のストレートチップはどんな場面にもしっかり対応出来る超優等生!

さらにゴアテックスで雨の日も晴れの日も最高の履き心地を提供してくれます。

しかもしっかりグッドイヤーウエルト製法です!

おすすめ品②32NRBB

グッドイヤーウエルト製法ではないですが、その分リーズナブルにゴアテックスの効果を体験する事が出来ます。

革も柔らかいものを採用しているので履き始めから履きやすいです。

とりあえずゴアテックスモデルを体験してみたいという方におすすめです!

REGAL(リーガル)GORE-TEXのおすすめの購入方法

GORE-TEX(ゴアテックス)の素晴らしい効果はご理解頂けたと思います。

ここではリーガルゴアテックスのお得な購入方法についてご紹介したいと思います。

結論としては、おすすめは【公式販売サイト】か【楽天またはアマゾン】です。

公式販売サイトがおすすめの方!

私が01TRCEを購入したのはアウトレットの店舗です。

セールで安く手に入れる事が出来たのですが、なんと…リーガルの公式WEBサイトでも同様の価格で販売されていました。

アウトレット価格、たまに公式WEBサイトでも適用されているので要チェックです。

ただし、基本的には楽天やAmazonの方が安く購入出来るので、公式販売サイトをおすすめしたいのは、リーガルのサイズ感を知らない方です。

この後詳細を書かせて頂きますが、リーガルは大きめの造りになるため中々サイズ感をつかむのが難しいです。

サイズを間違えた靴は、履くのも億劫になります。

リーガルの公式サイトからの購入であればサイズ違いのキャンセルも可能ですなのでサイズ間違いの失敗リスクを極限まで下げる事が可能です。

楽天・アマゾン・Yahooショッピングがおすすめの方!

単純に安く買えるのがGOODです!

ただし、リーガルのサイズ感をしっかり理解している方限定です!

サイズには要注意!

購入前に要注意事項!

リーガルはサイズが大きめに作られています。いつも履いている革靴の0.5cm〜1cmマイナスしたサイズをチョイスすることをオススメします。

私の足のサイズは以下の通りです。

足のサイズ測定
足囲測定箇所
  • 足長:23.8cm
  • 足囲:25.0cm

この足のサイズでリーガルサイズは23.5cmがジャストです。

大体のサイズは24.5cmを選んでいますがリーガルだけ1cm落としています。

【2022年6月追記】リーガルのグッドイヤーウェルト製法&ゴアテックスはやっぱりすごかった!

リーガルのゴアテックス、【01TRCE】を購入してから約半年経ちましたので気づいた点を追記させていただきます。

まず履き心地がかなり良くなりました。

もちろん革が柔らかくなったのもありますが、グッドイヤーウェルト製法の沈み込みのおかげで、しっかり足にフィットしてくれています。

カカト部分の沈み込み↓

リーガルゴアテックス 追加

かなり沈み込みが大きいので、上記で記載させていただいたサイズ感(通常履いている靴の-0.5cm〜-1.0cm)は履いていくと実感して頂けると思います。

次に、細かい箇所ですが…ロウ引きの靴紐がかなりいい感じです。

初期の付属の靴紐が大体替えたくなるほど緩くなってしまうのですが、01TRCEは初期の靴紐のスペックが高いです。

最後にゴアテックスの防水性ですが、これはもう言う事無しです!

わざと大雨の日に履きましたが、革自体に少し水が染みたものの、中には全く染みませんでした!流石ゴアテックス!

引き続き継続して雨の日の効果は検証していきます!

まとめ

今回はリーガルのゴアテックを実際履いてみての感想を書かせて頂きました。

まとめるとこんな感じです。

  • GORE-TEX(ゴアテックス)は雨の日最強!
  • 晴れの日もムレないのでバッチリ!
  • 防水対策手入れでさらに防水性をUP!
  • 購入前のサイズ感に注意!

リーガルのゴアテックスで気になっているのであれば間違いなく買いです!

後悔はしないと思いますよ!

最後まで読んでくださいましてありがとうございました。

■合わせて読んでほしい!

-ブランド, 手入れ,
-, ,