ブランド

【2020年7月更新】シェットランドフォックスシリーズ全部まとめてみた!

どうも、shinyです。

今回は私の大好きなブランドであるリーガルの上位ブランド、シェットランドフォックスをシリーズ別にまとめてみました。(かなり多かった…。)

私もUチップを一足持っていますが超カッコいいです。特に革の質感・ステッチの美しさがお気に入りポイントです。

リーガルの上位ブランド【シェットランドフォックス 】とは?

シェットランドフォックス はリーガルが製造販売している高級靴ラインのブランドです。

リーガルの信頼感、完成度はそのままにプレミアムな素材と製法で作られているのが特徴です。

特にケンジントンなどの高価格帯の靴は世界の高級靴と肩を並べるレベルに仕上がっています。

シェットランドフォックス のコンセプト

「靴の美しさ・楽しさとともにアイロニカルなダンディズムを提案します」

シェットランドフォックスは、1982年(昭和57年)にデビューしたリーガルコーポレーションのブランドです。
当時のリーガルコーポレーションの前社名である日本製靴が世界に通じる高級自社ブランドとして、主にセレクトショップや海外のシューショップ等で販売を行っておりました。

2009年春に、成熟してきた日本の靴市場において、「ブランドに惑わされない、日本人のための日本製の靴ブランド」として再デビューを果たしました。
日本人の足形を豊富な経験から分析し、外見からではわかりにくいリーガルコーポレーションならではの仕掛けを盛り込み、フィッティングと履き心地の良さを高い次元で実現しております。流行にとらわれない永く履ける靴、それでいて大人の洒落を忘れずにいたい大人たちの為の靴です。

引用:シェットランドフォックスHP

※ブランドに惑わされる方でも購入可能です。

ちなみに私、ブランドに惑わされまくりですが買っちゃってます。

海外ブランドの価格、品質、関税の話

海外製の靴は非常に高いですよね。これはそもそも人件費などの製造コスト+ブランド料、さらに「関税」が掛かっているためです。

関税は海外の靴メーカーが日本に輸入する時に掛かる税金で、大体販売価格の3割程度が相場です。

関税だけで3割も高くなるんですよ!さらに、海外ブランドはなかなかブランディングが上手なので…最終的には同じ品質の靴でもシェットランドフォックスはかなりお得に購入する事ができます。

正直、海外ブランドの方が威張りは効きますが、コスパなら国内ブランドのシェットランドフォックス ですね。

(海外のブランド靴も取りもちろん良さがありますが、あえて国産を選ぶ事で「ツウ」な感じも出せますよ。)

サイズ感

シェットランドフォックスもリーガルと同じく少し大きめの作りになっています。いつも履いている革靴の-0.5mm程度がおすすめです。

全シリーズまとめてみました!

ウインストン

種類

  • プレーントゥ
  • ウィングチップ

特徴

シェットランドフォックス唯一のコードバンの靴。日本製の水染めコードバンを採用しており、靴好きなら一度は履き込んでみたくなる一足です。

シルエットはつま先が少しぽってりした印象で少しアメリカンな印象ですね。

アッパーの素材にコードバンを採用しているためシェットランドフォックスの一番高価な靴です。コードバンはかなり手入れが難しいので上級者向け。

同じコードバンではオールデンが競合になると思います。コスパとフィット感を求めるのであればシェットランドフォックス。所有欲や輝きを求めるのであればオールデンといったところですね。

ケンジントンⅡ

種類

  • ストレートチップ
  • ウィングチップ
  • Uチップ
  • ダブルモンクストラップ
  • プレーントゥ

特徴

文句なしでシェットランドフォックスのフラッグシップモデルです。

シェットランドフォックスの技術のすべてを凝縮したような靴です。

製法は、「グッドイヤーウエルト式製法+マッケイ式製法」がダブル採用されています。この製法はオーダーメイドの靴が採用している事が多いためかなり贅沢な仕様です。見た目もヒドゥンチャネル、半カラス仕様でラグジュアリー感全開です。

もちろんアッパーの革も最高級のカーフ。ちなみにケンジントンⅠはイルチア社のラディカカーフという革を採用していましたが、調達が難しくなったため「Ⅰ」が廃止され「Ⅱ」になっています。

ブライトン

種類

  • ストレートチップ
  • ウィングチップ
  • プレーントゥ

特徴

「ケンジントンⅡ」と双璧を成すシリーズです。製法はケンジントンと同じ「グッドイヤーウエルト式製法+マッケイ式製法」。イタリアンカーフを採用した渾身のモデルです。ケンジントンに比べロングノーズに仕上がっており、少し現代的なシルエットになっています。

ブラウンは職人の手染めになっており、ムラ感が楽しめる革に仕上がっているのでよりおすすめです。

ルートン

種類

  • ヴァンプ
  • ローファー

特徴

「ケンジントンⅡ」と「ブライトン」をそのままスリッポンにしたシリーズです。

製法は、同じく「グッドイヤーウエルト式製法+マッケイ式製法」で超こだわり仕様。スリッポンで最高の出来を探すのであればルートンで間違いありません!

デューク

種類

  • サイドゴア
  • チャッカブーツ
  • ストレートチップ
  • Uチップ
  • ホールカット
  • サイドエラスティック

特徴

サイドゴアやチャッカブーツなどブーツ系があり、オン・オフどちらも使い倒せるのがデュークシリーズの特徴です。

靴底はグッドイヤーウェルト製法。ヒドゥンチャネル、半カラス仕様で隅々までカッコいいブーツが欲しい方におすすめです。(チャッカブーツでここまでこだわった靴はなかなか無いです。)

個人的にはスキンスティッチの「Uチップ」もおすすめですね。シルエットがたまりません。

ハンプトン【2020年7月時点で公式サイトでセール中】

種類

  • ブーツ
  • ウィングチップ

特徴

カントリー感漂うブーツのハンプトン。短靴も用意されており、トリッカーズと迷うところですね。

トリッカーズよりも若干細身になるので、少しスマートに街履きしたい方におすすめです。リッジウェイソールを採用しており、急な雨にも対応出来る仕様になっています。

ブラッドフォード

種類

  • ストレートチップ
  • プレーントゥ
  • ダブルモンクストラップ

特徴

グッドイヤーウェルト製法、ヒドゥンチャネル、半カラスの豪華仕様。

フレンチカーフを採用しているブラック、ブラウン、押し型の革を採用したライトブラウンとネイビーがあります。

ライトブラウンとネイビーはオン・オフにも使えそうな雰囲気でいい感じです!

小ぶりな踵に、ラウンドトウを採用した木型になっています。

アバディーン

種類

  • ストレートチップ
  • メダリオン
  • モンクストラップ
  • スワンネック

特徴

かなりシャープなシルエット、細めで20代〜30代から支持率が高そうなシルエットです。スマートには着こなすならアバディーンがおすすめ。

ソールもヒドゥンチャネル、半カラス仕上げで隅々までカッコいい靴です。

レディング

種類

  • キャップトゥ
  • ストレートチップ
  • ダブルモンク

特徴

グッドイヤーウェルト製法のスタンダードタイプ。今までのシリーズがかなり豪華仕様なのに対してスタンダードを行く靴。

かなり隠れた存在ですが、もしかしたらこのあたりの靴がシェットランドフォックス入門として最高かもしれません。

グロスター

種類

  • セミブローグ
  • ダブルモンク

特徴

種類はセミブローグとダブルモンクですが、グロスターはスエードを使ったタイプもあります。このシリーズならスエードタイプがおすすめですね。

スエードはブラック、ブラウン、ベージュを揃えており、英国製。タウンユースを意識した仕様になっています。

ソールはビブラム社のラギットソールというゴム製の厚みのあるソールを採用しており、雨の日に活躍すること間違いなしです。

カーディフ

種類

  • ストレートチップ
  • プレーントゥ
  • ダブルモンクストラップ

特徴

細身のDウィズを採用したモデル。

靴底はラバーソールの定番「ダイナイトソール」。雨の日でも安心です。アッパーの革は国産キップを採用しており、柔らかい履き心地が特徴。

レザーソールと違って全天候型の革靴なので初めてのシェットランドフォックスにおすすめの一足です。

トラファルガー【2020年7月更新時追加】

種類

  • キャップトゥ
  • モンクストラップ
  • パンチドキャップトゥ

特徴

ラウンドトウで踏まずを絞り込んだフォルム、踵のフィッティングが特徴のシリーズで革が柔らかく履きやすい靴になっています。

フォルムが細身なので細身のスーツにも合わせやすくなっています。ネイビーがあるのもポイントが高いですね。

コベトリー

種類

  • プレーントゥ
  • セミブローグ
  • ストレートチップ

特徴

カーディフと同じく、ダイナイトソール採用。アッパーの革も同じく国産キップを採用しています。カーディフとの違いは、つま先形状と履き心地です。

どちらかと言うとコベントリーの方がゆったり履ける形状になっています。つま先形状はラウンドトゥ。

カーディフのつま先形状はセミスクエアトゥ。

形状以外はほぼ同じなのでこのあたりは足のフィット感と好みの問題ですね。

個人的にはコベントリーがおすすめです。

*型落ちしそうなセール品、あまり心に引っかからなかった製品は除外!

おすすめ購入方法

せっかく購入する高級靴。出来る限り安く買いたいですよね?

おすすめの購入方法をまとめてみました

正規店またはアウトレットで購入

シェットランドフォックスだけの販売店は日比谷店のみになります。日比谷店ならかなりのシリーズ、サイズを取り揃えていると思いますが…残念ながら、ほとんどの方が、遠いと思います。近くの方が羨ましいです。

リーガルショップでも多少の取り扱いがある店舗はありますが、かなり絞ったシリーズしか置いていない店舗がほとんどです。

リーガルのアウトレットショップではシェットランドフォックスの取り扱いがあります。安いのは安いのですが…傷があって安く出している事も多いです。

また小さな傷で全然気にならない場合もなかななサイズがほとんど無いですね。

逆にアウトレットで欲しいシリーズのマイサイズを見つけた場合はかなりお買い得です。

日比谷店、リーガルの店舗、リーガルのアウトレットであれば、専門のシューフィッターとサイズ相談が出来るのも大きなメリットです。

楽天で購入

常時定価の15%引き程度で購入出来るのが最大のメリットです。

ただし、サイズを間違えると交換が出来ないのでマイサイズをしっかり知って置くことが前提となります。

最初の一足は、店舗で購入するか、公式サイトでの購入がおすすめです。

公式サイトで購入

10回サイズ交換が出来る上に、たまにセールをしています。廃盤前の靴なら30%オフで購入可能です。

特にシェットランドフォックスのサイズ感をイマイチ掴めていないのであれば特におすすめします。

まとめ

今回まとめてみて、やはりシェットランドフォックスはどれもカッコいいですね。最初は種類がかなり多くてその種類に圧倒されてしまいますが、特徴を知れば選びやすくなります。

シリーズが多いということは、それだけユーザーの要望に応えようとする姿勢があるということです。シェットランドフォックス、おすすめです!

今回のまとめあ皆様の靴選びの一助になれば幸いです。

最後まで読んでくださいまして誠にありがとうございました。

-ブランド,
-

© 2020 shinyblog