ブランド

リーガルのメンズ靴、年齢別おすすめ!

どうも、shinyです。

就活などでこれから革靴を購入する方、新たに革靴を買い足す方、おすすめしたい靴がリーガルです。

ちなみに私の最初はリーガルを履いていました。

その後、同じく国産のスコッチグレイン→英国製の靴などを一通り履いて…再度リーガルの素晴らしさを実感しているところです。

リーガルは本当に良い靴が多いですよ!

と、いうことで今回は今だからこそ分かるリーガルの素晴らしさを皆さんにお伝えしたいと思います。

■こんな人に読んで欲しい!
  • リーガルの事をもっと知りたい!
  • 新しい靴の購入を検討しているけどおすすめは?
  • 年相応の靴って何?

改めて…リーガルってこんな靴メーカー?

リーガルは、日本の革靴メーカーです。革靴のメーカーとしては日本でNo.1の規模を誇ります。

歴史は古く、リーガルの前進である日本製靴株式会社」は1902年に設立されました。軍用の靴を主に生産していましたが、1945年、第二次世界大戦敗戦により同年10月より民需に転換、戦前より続くグッドイヤー・ウェルト製法の紳士靴をメインに生産・販売を始めます。

1961年11月にアメリカのブラウン社との技術提携により「リーガル」ブランドの靴製造を始め、これが今の「REGAL」の原形となります。その後、1990年4月にはブラウン社より「リーガル」の商標権を取得、同年10月には現社名である「株式会社リーガルコーポレーション」に変更しました。

2009年、一度廃止した「シェットランドフォックス」を復活させ今に至ります。

まさに日本が誇る老舗靴メーカーです。

ラインナップと特徴

まさに全方位型のラインナップになっています。

革もガラスレザーからこだわりも革を使用したモデル、製法もセメンテッド製法からグッドイヤー製法を採用した本格靴があったりと、革靴にこだわる方からそうで無い方まで全ての要望に応える全方位型メーカーといえると思います。(この辺りが高級感を損なっている理由でもあるわけですが…。)

ただし、価格的にはかなり良心的な価格に収まっていて3万円以上の靴であれば海外メーカーで5万円レベルの靴と出会えることもしばしば。(関税の関係もあります。)

舶来品に惑わされず、まずはシンプルな靴を求めている方におすすめです。

リーガルにはシェットランドフォックスという選択もある!

シェットランドフォックスとはリーガルが発売するリーガルの上位ブランドです。1982年に販売を開始しておりますが、1990年代半ばに姿を消し、その後、2009年再度販売を開始し、今に至ります。

上位ブランドとしてより革と製法にこだわっているのがシェットランドフォックスの特徴でです。

リーガルの「弟分」ケンフォードも見逃せない!

リーガルにはより優れたコストパフォーマンスで上質の革靴をより広く訴求する目的で「ケンフォード」というブランドも展開しています。革の質や、製法などはもちろんリーガルには及びませんが、しっかりとした品質は確保しています。

年齢別おすすめ靴

20代におすすめ

20代といえば、就職活動・初めての就職などビジネスシューズを履き始めるイベントが盛り沢山!しかし、学生から就職するまでってお金無いんですよね。ただし、お金が無いからと行って5,000円程度の革靴を履いていたのでは実はコスパが悪いんです。

しっかりとした靴を履いて就職後も愛せる靴を選択することをおすすめします。

形状としては「ストレートチップ」または「プレーントゥ」。特にストレートチップの黒は冠婚葬祭にもそのまま使える上にビジネスでも間違いの無い靴なので最初に揃えるのがおすすめです。

それでは20代におすすめの靴を紹介します。

20代におすすめ1足目【ケンフォード KN36AAJ】

定価で12,100円。実勢価格は11,000円あたり。巷のスーツ販売店で売っている靴とほぼ同価格ですが、品質は明らかにこちらが上でしょう。就活→就職までカバー出来るのでこの靴を2足買って使いまわしてもいいと思います。

  • アッパー:牛革
  • ソール:ゴムソール
  • 製法:セメンテッド製法(修理不可)
  • サイズ展開:24.0cm〜27.0cm
  • ウィズ:EEE
  • 生産国:ミャンマー

20代におすすめ2足目【リーガル 2504NA】

リーガルの中でも超定番として形を少しづつ変えながらも愛され続けているモデルです。昭和の時代より日本人のビジネスマンの足を支え続けてきた2504はまさに日本のビジネスマンにピッタリのモデルです。

アッパーの革は牛革ですが、樹脂コーティングがされたガラスレザー。手入れの楽しみは少ないものの、ブラッシング一つでかなりキレイに保つことが出来ます。また、グッドイヤー製法で製造されているのでソールの交換修理が可能で修理をしながら永く履くことが出来る革靴になっています。

  • アッパー:牛革
  • ソール:ゴムソール
  • 製法:グッドイヤーウェルト製法(修理可)
  • サイズ展開:23.0cm〜30.0cm(大きいサイズは型番「2504BBEC」)
  • ウィズ:EE
  • 生産国:日本

20代におすすめ3足目【リーガル 2236NA】

こちらも超絶定番2236です。2504と同じくプレーントゥのタイプですが、アッパーの革がシボ革になっており、ソールが革です。2504よりも高めですが、その価値は余裕であります。もちろん製法はグッドイヤーウェルト製法で修理も可能。

ガラスレザーではない分、革のシワがかっこよく入りますし、さらに永く履けますね。靴磨きが好きな方、もしくは始める予定の方にはこちらをおすすめします。

  • アッパー:牛革
  • ソール:レザー(カカトはゴム)
  • 製法:グッドイヤーウェルト製法(修理可)
  • サイズ展開:23.0cm〜28.0cm(大きいサイズは型番「2236NAEB」)
  • ウィズ:EEE
  • 生産国:日本

30代おすすめ

30代と言えばかなり仕事にも慣れてきてキャリアアップなどキャリアップ・転職・昇進・転勤など色々変わっていくのが30代。

カチッとした感じばかりではなく、少し余裕を見せる事も出来るようになってきます。そんな30代におすすめしたいのが本格派リーガルです。

30代におすすめ1足目【01TRCE】

ゴアテックスを使用した雨に超強い靴です。もちろん晴れの日でも使える全天候型の靴です。

アッパーには国産カーフを採用しており、ワックスを掛けることも可能です。雨用の靴で磨きまで楽しめる01TRCE、おすすめです!

  • アッパー:牛革
  • ソール:ゴムソール
  • 製法:グッドイヤーウェルト製法(修理可)
  • サイズ展開:23.5cm〜27.0cm
  • ウィズ:EEE
  • 生産国:日本

30代におすすめ2足目【01DRCD】

リーガルのストレートチップ最高峰はこの「01DRCD」で間違いないでしょう。

アッパーの革はアノネイ社のカーフ。かなり光沢が出ます。製法はもちろんグッドイヤーウエルト製法。しっかり手入れしたら10年は簡単に履ける靴だと思います。

  • アッパー:牛革
  • ソール:レザーソール
  • 製法:グッドイヤーウェルト製法(修理可)
  • サイズ展開:23.5cm〜27.0cm
  • ウィズ:EE
  • 生産国:日本

30代におすすめ3足目【02DRCD】

「01DRCD」にメダリオンが付いたタイプになります。本格的なストレートチップの中にもおしゃれな遊び心があるモデルです。

  • アッパー:牛革
  • ソール:レザーソール
  • 製法:グッドイヤーウェルト製法(修理可)
  • サイズ展開:23.5cm〜27.0cm
  • ウィズ:EE
  • 生産国:日本

40代おすすめ

40代なればオンオフともにかなり攻めた靴を選択出来るようになってきていると思います。40代はストレートチップを外してた靴をチョイスしてしていきたいと思います。

40代におすすめ1足目【リーガル 2177】

40代のローファー、カッコいいですよね。リーガルのローファーは定番中の定番。1961年の発売当初より60年近く販売され続けている超ロングセラー商品です。

定番ですが、価格的にはそこまで高くないので初ローファーにおすすめです。

  • アッパー:牛革
  • ソール:ゴムソール
  • 製法:グッドイヤーウェルト製法(修理可)
  • サイズ展開:23.0cm〜28.0cm
  • ウィズ:EEE
  • 生産国:タイ

40代におすすめ2足目【リーガル 06TRCE】

ゴアテックス採用のUチップです。雨の日に力を発揮するモデルですが、もちろん晴れの日も問題無し!雨の日でも遊び心のある本格靴を履きこなすのは大人の嗜みですね。

黒もカッコいいですが、ブラウンがおすすめです。

  • アッパー:牛革(国産)
  • ソール:ゴムソール
  • 製法:グッドイヤーウェルト製法
  • サイズ展開:23.5cm〜27.0cm
  • ウィズ:EE
  • 生産国:日本製

40代におすすめ3足目【シェットランドフォックス 061FSF】

40代はついにシェットランドフォックスの登場です。061FSFは「カーディフ」というモデルになります。カーディフは細身のDウィズを採用しており、スラっとした印象を与えます。ちょいワル感が少しだけ出るかも!?

アッパーの革はもちろん一流のカーフを使用しているので靴磨きの楽しみも十分です!

  • アッパー:牛革
  • ソール:ゴムソール(ダイナイトソール)
  • 製法:グッドイヤーウェルト製法
  • サイズ展開:23.5cm〜27.0cm
  • ウィズ:D
  • 生産国:日本製

50代におすすめ

このあたりになると金銭的に余裕も生まれてくるのではないでしょうか?50代は落ち着いた上質な靴を紹介したいと思います。

50代におすすめの1足目【シェットランドフォックス ケンジントンⅡ 013FSF】

シェットランドフォックスの最高峰ケンジントンⅡシリーズのUチップです。デザイン的にはエドワードグリーンのドーバーにかなり違いデザインをしています。ドーバーは今や20万円を超える靴になってしまいましたが、ケンジントンⅡは約3分の1の価格で購入出来るのも魅力です。

もちろん価格だけではなく縫製の素晴らしさ、革、製法(グッドイヤー+マッケイ)、半カラスなどどれを取ってもドーバーに負けないくらいのクオリティを持っています。

  • アッパー:牛革
  • ソール:ゴムソール(ダイナイトソール)
  • 製法:グッドイヤーウェルト製法+マッケイ製法
  • サイズ展開:23.5cm〜27.0cm
  • ウィズ:EE
  • 生産国:日本製

50代におすすめ2足目【シェットランドフォックス ケンジントンⅡ 011FSF】

続いて同じくケンジントンⅡシリーズ ストレートチップです。先程のUチップと同じく革、製法、仕上げ、靴底まで隙の無い仕様で満足出来ること間違い無し!

こういう靴を30代から履き続けるのも憧れますね!

  • アッパー:牛革
  • ソール:ゴムソール(ダイナイトソール)
  • 製法:グッドイヤーウェルト製法+マッケイ製法
  • サイズ展開:23.5cm〜27.0cm
  • ウィズ:EE
  • 生産国:日本製

60代は今まで相性の良かった靴を履きたい!

60代は今まで履いてきた中でお気に入りの靴をまた履いてみたいですね。

金額や革の質、色々こだわった仕様…ではなくて、今まで履き込んで本当に自分に合った靴をもう一度履き直したいですよね。

カジュアルでもおすすめできるリーガル【2235】

ビジネスシューズのイメージが強いリーガルですが、カジュアルでもおすすめの革靴があります。それが【2235】です。

これはもう超定番ですね。私も持っていますが仕事用にもカジュアルにも使えて大活躍中です。

こちらの記事に詳細書いていますので是非参考にしてみてください。

おすすめ!
リーガルの名品【2235】はスーツにもカジュアルにも合う!

どうも、shinyです。 一番最初に投稿したリーガルの2235の購入記事が消えてしまったので再掲させて頂きます。 いや〜記事が消えるとなかなかシンドイですね。バックアップは一応取ってあるのですが、色々 ...

続きを見る

まとめ

今回はリーガルのメンズ靴についてまとめさせて頂きました。

そもそもおじさんイメージがあるかもしれませんが実は超本格靴をマジメに作り続けている革靴製造の老舗メーカーです。

これだけ広い年齢層をカバー出来るのはリーガルくらいではないでしょうか?

値段に関わらずいい靴が本当に多いメーカーです。靴を購入を検討させれているのであれば是非リーガルを一度検討してみてください。

最後まで読んでくださいましてありがとうございました。

■合わせて読みたい!

-ブランド,
-

© 2020 shinyblog