クリーム

シャインオアレインの手入れ第二弾!【推奨手入れ】を超えたもう一段上の手入れの方法を伝授!

シャインオアレイン 比較 アイキャッチ

どうも、shiny(シニー)です。

雨の日の強い味方、スコッチグレイン のシャインオアレイン。

雨の日だけでは無く、晴れの日まで使える超万能革靴でかなり使いやすいですよね。

購入以来かなりヘビロテしています。

以前、スコッチグレインで聞いた推奨手入れの方法について紹介させて頂きましたが、今回さらにキレイに仕上がる手入れの方法を見つけたので紹介させて頂きたいと思います。

スコッチグレイン推奨手入れ↓

SCOTCH GRAIN シャインオアレイン 磨き方
スコッチグレイン シャインオアレインの手入れ方法の基本をバッチリ紹介させて頂きます!

どうも、shinyです。 最近雨がよく降りますね。 雨用の革靴お持ちですか?私が愛用しているのは…スコッチグレインのシャインオアレインです。 撥水加工された革を使用しているため、かなり防水効果が高く、 ...

続きを見る

■こんな方に読んでほしい!
  • シャインオアレインを永く使いたい方!
  • シャインオアレインの一段上の手入れの方法を知りたい方!
  • 良いクリームの効果を知りたい方!

手持ちのスコッチグレインシャインオアレインを紹介!

手持ちのシャインオアレインはストレートチップのブラックです。

スペシャルナッパデリケートクリーム ブラッシング2
  • シリーズ名:シャインオアレイン
  • サイズ:24.5cm
  • ソール:ラバー(SGソール)

手持ちの靴では雨の日に最適、最強の革靴です。晴れの日も大活躍中!

まずはスコッチグレイン公式推奨手入れ方法はコチラ!

シャインオアレイン推奨の手入れの方法=スコッチグレインの販売スタッフさんにお聞きした方法です。

馬毛ブラシでブラッシング

柔らかい馬毛ブラシで全体をブラッシングします。

このブラッシングで汚れと埃を落とします。

スペシャルナッパデリケートクリーム ブラッシング

写真は化繊のブラシですが、柔らかいブラシであれば化繊でもOKです。

普段使っているのはコロニルの馬毛ブラシです。

乳化性クリームを全体に塗布

スコッチグレイン で販売している推奨クリーム、ブートブラック を全体に塗布していきます。

塗布後、5分ほど放置してください。

スペシャルナッパデリケートクリーム ブートブラック

定番の素晴らしいクリームです。

スコッチグレインの公式は伊達ではありません。

ブラッシングで完了!

余分なクリームを除去するため、豚毛ブラシでブラッシングしていてきます。

仕上がりは後ほど…!

推奨超えてしまった!?手入れの方法はコレ!

ブートブラックだけの手入れよりも一段上のクリームを使った手入れの方法になります。

紹介したいクリームは「サフィールノワール」!!

使用する道具&クリームはこちら↓

  • 馬毛ブラシ
  • 豚毛ブラシ
  • 布(乾拭き用)
  • 【サフィールノワール】スペシャルナッパデリケートクリーム
  • 【サフィールノワール】クレム1925

デリケートクリームとクレム1925はパッケージがソックリなので購入時は気をつけてください。

ブラッシング

全体を馬毛ブラシでブラッシングします。

サフィールノワールスペシャルナッパデリケートクリームを塗布

薄めに全体に塗布します。

塗布したら3分程度放置します。

スペシャルナッパデリケートクリーム 塗布量

かなり伸びが良いのでこの位少量で少しづつ塗布していきましょう。

ブラッシング

放置したら、柔らかめの馬毛ブラシで全体をブラッシングします。

先ほどと同じくこの工程で大きめのゴミとホコリを落とします。

念入りにブラッシングしましょう!

サフィールノワールクレム1925塗布

次にサフィールノワールクレム1925を全体に塗布します。

全体に塗布したら今度は5分程度放置します。

スペシャルナッパデリケートクリーム

ブラッシング&乾拭き

5分放置したら、今度は豚毛ブラシで全体をブラッシングします。

ブラッシング後乾拭きするといい感じに仕上がります。

豚毛ブラシは激安品を10年以上愛用しています。

安い上に品質も申し分ありません。

ブートブラックVSサフィールノワール 仕上がりを比較してみる!

向かって左が、スペシャルナッパデリケートクリーム+クレム1925、向かって右がブートブラック(黒)です。

スペシャルナッパデリケートクリーム デリケートクリーム
スペシャルナッパデリケートクリーム 接写

正直、写真では分かりづらいですが、左側の方が革がかなりモチモチです。

パッと見は分かりづらいですが回数を重ねると差がでそうです。

サフィールノワールの唯一のデメリット…

サフィールノワールは仕上がりは完璧ですが、ちょっとニオイがキツいです。

家族と共有スペースを使って手入れをする場合は注意が必要です。

ニオイに関してはブートブラックの方が圧倒的に無難です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はシャインオアレインのちょっと良い手入れの方法を紹介させて頂きました。

乳化性クリームのブートブラックに比べ、水分をスペシャルナッパデリケートクリーム、油分をクレム1925で補う手入れなので手間とお金が掛かる手入れですが、かなり革が潤う感覚です。

コストはかかりますが、永く履きたい方にはとてもオススメです。

最後まで読んでくださいましてありがとうございました。

■合わせて読んでほしい!

-クリーム,
-