ブランド 手入れ

雨の日の革靴はコレ!革靴好きも納得の絶対的なおすすめ品!!

雨の日 アイキャッチ

どうも、shiny(シニー)です。

雨の日用の革靴、悩みますよね。

安い革靴を買ってもいいけど、晴れの日みたいに心が躍らない…。雨の日でもこだわった革靴を履きたい!

こんな方は結構多いのではないでしょうか?

その気持ち、めちゃくちゃ分かります!

一度革靴にハマってしまうと、なかなかリーズナブルな靴に手を出す事が出来なくなってしまうんですよね…。

でも、ご安心ください!

雨の日でもしっかりこだわった靴は履けます!

今回は私が実際履いている雨の日用革靴の厳選2足をご紹介!

メリット、デメリット&手入れの方法までをしっかり紹介させていただきます。

皆様の雨用革靴を選ぶ一助になれば幸いです。

■こんな方に読んでほしい!
  • 雨の日用の革靴もしっかりこだわりたい!
  • ガラスレザーではない雨用靴がほしい!
  • 雨の日用って特殊な加工、手入れが必要?教えて!

革靴好きのポイントを押さえた2モデル!

靴好きの心をくすぐってくれるポイントは、【手入れ】ですよね!

雨用といえば、コスパの良いガラスレザーの靴もありますが…ちょっと手入れが味気ない。

もっと手入れをして育てていきたい!

そんな気持ちを満たしてくれるモデルを2つ紹介させていただきます!

リーガル【01TECE】

アメダス 革靴 アメダス拭き取り後
  • ブランド:REGAL(リーガル)
  • モデル名:01TRCE
  • サイズ:23.5cm
  • 色:ブラウン
  • アッパーの革:国産カーフ
  • 製法:グッドイヤーウェルト製法
  • 特徴:GORE-TEX(ゴアテックス)採用

革自体は普通の国産牛革ですが、GORE-TEXで防水効果を施しており高い防水性と通気性を実現!ただし、GORE-TEXの効果はオールソール1回のみ保証。*2回目以降のオールソール後は効果保証なし。

手入れは普通にしてOK!ワックスもリムーバーも使えます。

スコッチグレイン シャインオアレイン

スコッチグレイン ストレートチップ シャインオアレイン
  • ブランド:SCOTCH GRAIN(スコッチ グレイン)
  • モデル名:シャインオアレイン
  • サイズ:24.5cm
  • 色:ブラック
  • アッパーの革:国産カーフ(撥水)
  • 製法:グッドイヤーウェルト製法
  • 特徴:撥水加工のカーフ使用

撥水加工された国産カーフを採用しているため、常に撥水効果!ソール交換も通常のグッドイヤーウェルト製法と同等に行う事が出来ます。

ただし、撥水加工を落とさないようリムーバーを使う事が出来ないのでワックスNG。乳化性クリームのみの手入れとなります。

どちらもそれぞれに雨用の対策を施してあります。詳細は次項!

実際どっちが良い?それぞれの特徴と比較!

この2足なら結論としてはどっちを選んでも後悔なし!

どちらも完成度がかなり高いです。

あえてどちらかを選ぶとすれば…という観点から比較してみます。

雨に強いのは?

これはリーガル01TRCEに軍配が上がります。

さすがGORE-TEX!防水の観点からすると本当に優れていると思います。

何度か大雨の日に履きましたが、全く濡れませんでした。

ちなみにシャインオアレインの撥水加工もかなり効果が高いので普通の雨で水が浸みる事はほぼありません。

耐久性は?

こちらは僅差でスコッチグレインシャインオアレインに軍配が上がります。

スコッチグレインは撥水加工の革で雨を弾いており、ソールを交換しても撥水効果が維持されます。

一方、リーガル01TRCEはGORE-TEXを使用して防水をしているので防水性能が維持出来るのはソール交換1回のみです。2回目以降のソール交換では防水機能を維持出来ません。

*2回もソール交換するとなると10年以上掛かるので、十分かと思いますが。

手入れが楽なのは?

手入れが楽なのはスコッチグレインのシャインオアレインです。

楽、というか撥水加工のカーフを使っているのでリムーバー使用禁止です。

リムーバーが使えないので、ワックスもNG。

クリームだけなので、手入れはすぐ終わります。

逆に手入れが楽しいのは、リーガル01TRCEです。こちらはGORE-TEXを採用してはいますが、革自体は国産カーフなのでリムーバーを始め、ワックスの使用もOK。

ここは各々の考え方次第…といったところですね。

手入れの方法と仕上がりについては次の項で!

リーガル 01TRCEの手入れの方法!

リーガル01TRCEの手入れの方法と仕上がりの紹介!

全体をブラッシング

全体を馬毛ブラシでブラッシングし、ホコリを落とします。

リーガル ゴアテックス 馬毛ブラシ
馬毛ブラシはコロニルがおすすめ! サイズ的にも丁度良く、毛量も多いので使い易いです。

古いクリームをリムーバーで除去

次にリムーバーを使って古いクリームを落としていきます。

リムーバーをよく振って布に染み込ませたらワックスをかけた箇所を中心に優しく撫でていきます。

リーガル ゴアテックス リムーバー

モウブレイのステインリムーバーは水性のリムーバーで革への負担を最小限に留めてくれるリムーバーです。

水性ですがよく落ちます!

おそらく靴磨きの業界で最もよく使われているリムーバー!

これがスコッチグレインのシャインオアレインだと使えないんですよね…。残念!

コロニル1909 シュプリームクリームデラックスを塗布

クリームを落とし終わったらコロニル1909 シュプリームクリームデラックスを全体に薄く塗布していきます。

リーガル ゴアテックス コロニル1909

指で塗りにくいコバの部分や縫い目の部分はペネトレイトブラシを使います。

リーガル ゴアテックス ペネトレイト

コロニル1909シュプリームクリームデラックスは、天然オイルを配合した浸透性の高い乳化性クリームです。

フッ化炭素樹脂が配合されており、保革の他に撥水効果も期待出来ます!

クリームの伸びもよく匂いも少ない使いやすいクリームです。

豚毛ブラシでブラッシング

クリームを塗り終わったら5分程度放置し、豚毛ブラシで全体をブラッシングしていきます。

リーガル ゴアテックス 豚毛ブラシ

私が愛用しているのは、超コスパ豚毛ブラシです。価格は安いですが、品質はしっかりとした優れもの。

サイズも丁度いいです。

まだ持っていない方は本当におすすめ出来るブラシなので是非試してみてください。

鏡面磨き

ブラッシングが終わったらKIWIグロスパレードで鏡面磨き!

リーガル ゴアテックス 鏡面磨き

KIWIのパレードグロスはコスパ最強で、ギラギラしたツヤが出せるワックスになります。

鏡面磨き後はこんな感じ↓

リーガル ゴアテックス 鏡面磨き後

全体↓

リーガル ゴアテックス 鏡面磨き後

KIWIのパレードグロスは使う前に乾燥させると圧倒的に使いやすくなります。

詳細は下記の記事をご覧ください↓

オススメ!
KIWIワックス アイキャッチ
久々に買ったKIWIパレードグロスは靴磨きの相棒になりそう!1週間乾燥させるとさらに効果絶大!

どうも、shiny(シニー)です。 超久しぶりにKIWIのワックス買っちゃいました! 私事ですが、KIWIのワックスは初めて買ったシューケアグッズの一つで結構思い入れがあります。 懐かしい! KIWI ...

続きを見る

コロニル1909 シュプリームプロテクトスプレーでさらに防水性をUP

鏡面磨きが終わったらコロニル1909 シュプリームプロテクトスプレーをかけていきます。

靴紐はつけてスプレーしましょう。

リーガル ゴアテックス 防水スプレー

スプレーしたら10分放置!

鏡面磨きが曇りますがあとで乾拭きすれば復活するのでご安心下さい。

スプレー後↓

リーガル ゴアテックス 防水スプレー後

ネル生地で乾拭き

最後にネル生地で乾拭きすれば輝き復活!

リーガル ゴアテックス 乾拭き

乾拭き後↓

リーガル ゴアテックス 乾拭き後 比較
乾拭き前・乾拭き後 比較

完成!

コロニル1909シュプリームクリームデラックスで防水性を付加しつつ、さらに同じくコロニル1909で相性抜群のプロテクトスプレーで防水効果を強化します。

リーガル ゴアテックス 完成

これで外側はクリーム+スプレー、内側はゴアテックスで完全防水!

スコッチグレイン シャインオアレインの手入れの方法!

つづいてスコッチグレイン シャインオアレインの手入れの方法です。

靴紐を外し、シューキーパーを入れる!

まずは基本中の基本、靴紐を外しシューキーパーを入れます。

今回はスコッチグレインの純正シューキーパーを入れていますが、出来るなら木製のシューキーパーがおすすめ!

木製のシューキーパーはシワを伸ばすだけではなく、湿気も吸収してくれます。

スコッチグレインシャインオアレイン簡単手入れ シューキーパーを入れる。

最近は結構安い木製シューキーパーも多いですよ!

馬毛ブラシでホコリ、汚れを落とす

全体をブラッシングしてホコリやゴミ、小石などを落としていきます。

汚れやホコリが付いた状態でクリームを塗ると汚れを伸ばしてしまうばかりか、ホコリを引きずって靴を傷つけてしまう可能性があるのでしっかり全体をブラッシングしてください。

スコッチグレインシャインオアレイン簡単手入れ 馬毛ブラシでブラッシング

乳化性クリームで栄養補給し、5分放置

次に乳化性のクリームを塗布します。

乳化性クリームは油分、水分が適度に含まれており、革に潤いと栄養を与えます。

ペネトレイトブラシを使ってアッパーとコバの間もクリームを塗布するとなお良いです。

今回はブートブラックの黒を使用しています。全体に塗った後は5分ほど放置してください。

スコッチグレインシャインオアレイン簡単手入れ 乳化性クリームを塗布

ブートブラックのシュークリームは、伸びが良く浸透性も高いため、かなり重宝します。

色も豊富で、初心者から上級者まで幅広くオススメ出来るクリームです!

手の届かない箇所はモウブレイのペネトレイトブラシを使用しています。

豚毛ブラシでブラッシング

放置した後は豚毛ブラシで全体をブラッシングします。

余分なクリームを除去する効果があります。この時点で結構光沢が出てきます。

スコッチグレインシャインオアレイン簡単手入れ 豚毛ブラシでブラッシング

布で乾拭き

ブラッシングの後は、全体を乾拭きして光沢を出します。

スコッチグレインシャインオアレイン簡単手入れ 乾拭き

靴紐を装着して完了!

靴紐を装着してシューキーパーを付けて完了です。

スコッチグレインシャインオアレイン簡単手入れ 完了

ちなみにスコッチグレインはアマゾンや楽天で販売していないので購入される場合は実店舗での購入がおすすめです。

特にアウトレットは価格も抑えられています!

スコッチグレインアウトレットはコチラ

御殿場プレミアム・アウトレット

りんくうプレミアム・アウトレット

佐野プレミアム・アウトレット

土岐プレミアム・アウトレット

リーガルか…スコッチグレインか…悩んでる方は参考までに!

ここまで聞いたら…リーガルか、スコッチグレインか?めっちゃ悩みますよね?

はっきり言ってどちらも同じくらい素晴らしい靴です。

どちらも一長一短なので簡単にいうと…

手入れをマメにしたい方はリーガル!あまり手間を掛けたくない方はスコッチグレイン!こんな感じでOKです。

結局どちらを買っても後悔しないので安心してください!

【超重要!】リーガルはサイズ感を知ってから購入した方がいい

どちらも素晴らしい靴ですが、リーガルの購入についてはちょっと気を付ける必要があります。

上記サイズを見てもらうとわかるのですが、リーガル23.5cm、スコッチグレイン24.5cmになっています。

スコッチグレインが大きい訳ではなく、大体フィット感としては同じ位です。

参考までに私の足のサイズは以下の通り!

足のサイズ測定
足囲測定箇所
  • 足長:23.8cm
  • 足囲:25.0cm

この足のサイズでリーガルサイズは23.5cm、スコッチグレイン24.5cmがジャストです。

実際他の革靴を履くと、大体24.5cm。

リーガルはサイズ感がちょっと掴みづらいんですよね。

既にリーガルの革靴を持っていて大体のサイズ感を掴んでいる方は問題ないですが、サイズ感を掴めていない方は最初だけでも公式サイトからの購入がおすすめです。

公式サイトからの購入であれば、返品・交換が出来るので何度も試し履きができます!

大体通常の革靴サイズから、-0.5cm〜-1.0cmがジャストサイズです。

公式サイトはコチラから↓

まとめ

今回は、実際に使っている雨の日用の革靴について書かせていただきました!

リーガルの01TRCE、スコッチグレインのシャインオアレイン、どちらも素晴らしい靴なので是非購入してみてください!

最後まで読んでくださいましてありがとうございました。

■合わせて読んでほしい!

-ブランド, 手入れ,
-, ,